シーズン1 薪づくり・薪のこと

がんばれ薪づくり2



薪小屋の土地を使わせてくれた地主さんが好意で手配してくれた原木の山。
実は私としては別ルートですでに3トンの購入が段取りできていたのだ。なのに、地主さんによってほとんど押しかけ的に原木がどこからともなく運ばれてきて、ドンと置いてあった。
いったい何トンあって、代金はいくらなんだ??まだ聞いてないぞ。普通、量と代金を確認してから注文するだろう?大丈夫だろうか?まあ、まさか原木売りでぼったくり料金もあるまいに、ここはおまかせしておこう。あまり細かいこと言いっこなしだ。
それにしても、広葉樹ではあるがナラは5本に1本あるかないかだなあ。割ってみるが割りにくいなあ。心なしか節ばっかりに見えてくる。こうして思うとナラはやっぱり割りやすい。斧を振り下ろせば重厚な手応えでバックリ割れる。割っていて本当に楽しいのはナラだよな。なんて贅沢なこと思いつつ、今日も玉切り、がんばれ薪づくり。