薪の重さを量る2

薪を雨ざらしにすることの効果について、実際に雨ざらしの薪とそうでない薪で比較をしている。(「薪の重さを量る」)。まだ始まったばかりでやっと最初の1ヶ月が過ぎたところだ。
それぞれの薪の重さを量ってその推移が下のグラフ。それはつまり水分の減少だ。
薪棚の薪は順調に水分が減っていくが、雨ざらしの薪は当然のごとく雨に大きく左右されているね。グラフの後半は降水量が多く、水分をたくさん含んだままだ。

梅雨入り前に雨ざらしを中止した方がいい、あるいは、晴天が少し続けばすぐ元に戻るのだからやはり雨ざらしでいいのだ、などいろいろ見方はあるだろう。
最終的には雨ざらしの方がよく乾く、という仮説がこの実験のはじまりだ。いずれ雨ざらしを止めてどちらも薪棚に納まってから以降は、雨ざらしだった薪の方が水分の減少率は大きくスピードも早いのではないか。それが雨ざらしの効果なのではないか。理由は最近の私の記事の通り。
・・・もっと日数が立たないと何もわからないね。まだまだ様子を見て行かなければならない。
もうひとつ注目しているのは、乾燥から自由水がほぼ抜けて含水率30%前後の繊維飽和点に達するまでの期間のことだ。それはグラフが右下がりの急カーブから横ばい傾向に転じるあたりで判断できる。
それが「薪材屋外乾燥に就いて」では最初の約2ヶ月だと推論している。これに一致するのかどうか。自由水があるうちが雨ざらし期間だというこれも仮説なのだ。
今回の場合、原木を玉切りしたのが4月21日。割らないで乾燥させていたが割ったのは5月末。すると6月の下旬あたりが乾燥から約2ヶ月ということになる。
さてさてどうだろう?
とにかくまだちょうど1ヶ月。途中経過だ。
天候に左右されながら水分が減少する様子は見てとれるね。

コメント

  1. 我が家に 40年物のビンテージ 楢薪があるのですが・・・
    此れは、ご近所の解体予定の薪小屋に入っていた物で乾燥は、完璧で
    風通しが良く保存環境が良かったのかボケていませんでした
    此れを焚くと・・・・
    マッチ一本で火が点くが 建築廃材を焚いている様にパーット燃えます
    油気が無いので火力が今ひとつですが 熾きは、立派にできます
    流石に楢薪 新しい薪と混ぜて一緒焚いています
    雨晒しの薪ですが 過度にやると この様な状態になるのでは・・・・
    油気が抜けて メラメラ燃えるような
    薪にも旬が有るように感じます 

  2. こんにちは・・・
    薪の乾燥、雨晒しの一連の記事を興味深く拝読しました。とても内容の濃い考察、リポートですね。脱帽です。ボクも自分で薪を作っていますが、ここまで深く考え、試したことはありませんでしたもの。
    経験的に言えることは、雨ざらしの期間が長すぎると良くないということでしょうか。
    偶然1年間雨ざらし放置した薪は、とても焚けるものではなかった。思いっきり水分を含んでいてズッシリ重たく、少し腐朽も進行していたようです。しばらく天日乾しをしてもダメで、勿体ないから良質な薪と混ぜて何とか焚ききりましたけどね(笑)ボクの場合は畑でしたから放置場所も悪かったのでしょう。直接地面に触れてはいなくとも、土場での長期放置は地面からの影響が大きすぎるようです。コンクリート上での放置ならまた別だったと思います。
    ボクの場合は大抵2週間程度井桁組みで放置しています。その後薪棚に移動していますが、今の所これが一番良いと思っています。けれど、この2週間程度がベストな期間かどうかは知りません。ただ少なくともその方がその後の乾燥が速く、しかもカビの発生が少なくなることは確かなようです。割口の繊維が井桁組みで雨ざらしになれば、適度の隙間があって風通しも良く直射日光、紫外線も期待できますし、あとはencoredさんの書いている水中乾燥の原理も期待できるということなのかなと思います。
    それから、これまた偶然ですが、丸太のまま1年間放置してから玉切り、そして割った薪もありました。これは乾燥もみるみる進みましたね。地面から僅かに浮かせて積重ねておいた丸太でしたが、腐朽が始まる一歩手前かな、放置し過ぎの感はありましたけど。
    それと、神森@バルーン野郎さんのコメントの件も気になることです。雨ざらし過ぎによる油分の抜け過ぎが心配です。

  3. nnishi@小樽 より:

    こんにちは。北海道小樽市のnnishiです。
     雨曝しの実験は私のところでは秋に1か月だけ雨曝しにして冬期は薪棚に入れ、その後の重量を量りました。樹種はアカシア、白樺、クリの3種類で、アカシアは割り方も変えてみました。約2ヶ月間隔で計測し、重量を測ったところ、雨曝し直後は雨曝し群が若干重かったのに、4月でほぼ雨曝ししない薪と並び、6月の今回の計測で、初めてクリで10%、白樺5%、雨曝しの薪が軽くなりました。アカシアは同程度で、現在は当初の80%前後の重量です。10センチ径のアカシアでも半割りにするのとしないのとで6%も違いがありました。最終的に重量が減らなくなるまで測定を続けるつもりです。
     それと、以前桜と林檎の実験で薪棚で普通に乾燥したら、半年経った時点から重量が減らなくなり、下げ止まった事がありました。その後も2年ほど経ちますが、重量は減りません。考えるとそれらの木は伐採後しばらく屋外に放置されていました。半年で乾燥したのはそのせいかもしれません。今回の薪が何ヶ月で下げ止まるか興味を持っています。
     導管の写真はインパクトがありました。もし、導管が塞がる塞がらないの問題であれば、初期にほんの1週間でも雨曝しにして、導管が開いているのを確認したら、そこで雨曝しをやめても良いのかもしれません。また、導管が塞がる原因は何かですが、玉切り後の乾燥でなく、例えば切り口部分の導管だけがチェンソーで切る時の熱や蒸気で塞がるものならば、玉切り直後に木口を水で流せば良いのかもしれません。
     なお、冬期にすでに雨曝しをやめているせいかと思いますが、わが家の薪はどちらの群もアオカビが出ませんでした。アカシアは薪棚を作った初年度は軒並み黴びたものですが、その後薪棚の下の地面が乾いて、薪の乾燥性能が上がって黴びなくなったのだと思います。逆に雨曝し群はうっすらと黒い色が付いて、カビかアクかだと思いますが、見栄えはやや悪いです。データはいずれ、写真付きで公開したいと思います。

  4. encored管理人 より:

    神森@バルーン野郎さん、
    雨ざらしが過ぎると火力の出ない薪になる、
    ということですね。なるほど。
    つまり雨ざらしは効果のある範囲でできるだけ短い方がいい、
    ということになります。
    実験で試すのが一番いいかも。
    薪を4等分して例えば、1ヶ月、3ヶ月、半年、雨ざらしなし、の4つで試す。
    もっと短い間隔の方がいいかな?
    次回にやってみます。
    薪焚亭主人さん、
    こんにちは。
    赤いアンコール焚いてます。経験は浅いのでいろいろ試してる最中です。
    私も割ったら井桁でおくのが一番いいと思いました。
    その井桁での雨ざらしの期間ですが、
    私は1ヶ月か2ヶ月のどこかに適度なところがある、3ヶ月は長過ぎる、
    というイメージを想定して実験を始めました。
    自由水が抜けるまで、というあたりを根拠にしようと思ったのですが、
    まだまだ途中で確証は見つかりません。
    雨ざらしは効果のある範囲でできるだけ短い方がいい、ならば
    「大抵2週間程度」も興味深いところです。
    nnishi@小樽さん、
    実験結果の共有ありがとうございます。
    やはり雨ざらしの方がより乾く、興味深いですね。
    公開を楽しみにしています。
    私も次回の薪割りではたくさんサンプルをとるつもりです。
    導管が開いているのを確認したらそれが雨ざらしを止めるサイン、
    という可能性もあると思います。
    晴れた日に薪を手にして導管がパックリしていたら薪棚へ積む。
    そうでない薪はもう少しそこで雨ざらし。
    導管が乾燥にどう関係しているかがハッキリするといいのですが。。。

  5. ボクの場合、オブジェとしての薪ということもあるので、なるべくキレイな小口にしたいかなってのもあってね(笑) 何せ40坪の狭小地、南面の一等席は全て薪棚なんです。おまけに玄関先までもなので尚更(笑)
    亜麻色というか飴色というか、きれいに焼けた茶色の小口が大好きです。 長く雨ざらすと黒っぽくなってしまう。 でもその方が良い薪になるなら考え直さないとなぁ~(笑)

  6. encored管理人 より:

    薪焚亭主人さん、
    うちも狭小で日当りは玄関先だけ。置けるのは1.5立米だけです。
    きれいな顔してる薪が好きですね。
    シーズンはリビングで一緒に暮らすわけですし。
    それにオブジェとしての薪、いいですね。
    愛着あればこそです。
    いつも自宅の前を薪で何か造形できないかと思うことしきりです。