シーズン5 薪づくり・薪のこと

電動薪割機1


薪を割って5年。
私は4トンの電動薪割機も使う。別に薪割機だからってどうということはない。薪割りの道具が一つ増えただけであって、斧で割ろうが座って電気を使おうが、その時その時でチョイスして使う。
エンジン式の薪割機は高くて買えないし自宅に置いておくスペースもない。一番安価でコンパクトなこのタイプだから買う気にもなったのだが、私はこれでとても重宝している。だからとても「使える」って記事になる。
以下、ナカトミのLS-52HSという機種の場合だ。LS-52H、LS-52HS、ときて現在の後継機はLS-4という。
まず最初に「延長コード」。
ほとんどの人が延長コードで使いたいだろうけど、延長コードは細ければ細いほど、長ければ長いほど「電圧降下」を起こす。コンセントで100Vだった電圧が先っぽでは90Vに落ちてしまうってイメージ。これが薪割機に良くないという。パワーダウンして割れるものも割れなかったり、ブレーカーが落ちまくったり、最悪モーターが壊れたりする。
私は割れないのも壊れるのもイヤなので、メーカーにLS-52HSの場合で尋ねたところ、延長コードは2.0mm2の太さで長さは10m以内のこと、という回答を得た。(注=太さはコード全体の直径でなく、中の電流が流れる電線の断面積のこと)。
我々がふだん家庭で使う家電用の延長コードはたいてい1.25mm2。細いのだ。電工ドラムだから大丈夫と思っても、表記してある数字で確かめるとやっぱり1.25mm2、だったりする。それでドラムが20m、30m巻きだったりすれば本当に90V近くまで落ちて、「割れない、使えない薪割り機」になってしまう。
私は3.5mm2の太さで10mの延長ケーブルを自作した。太けりゃ太いほどいいだろうというわけだが、普通の平行コンセントのプラグに3.5mm2のケーブルは太くてハマらないので適合するプラグも必要だ。自作する人ならすぐ探せるだろう。・・・・・って、別に、既製品が買えるならその方が早いけどね。
で、これで10m延長して割っていて電圧降下を疑う場面はない。快調だ。

■100V用電源延長キャブタイヤ 3.5sq×2芯 10m


■ビニールキャプタイヤケーブル VCT 2×3.5sq (10m)



■ナカトミ電動薪割機 LS-4【最短翌日お届け】【特別価格】【送料無料/代引き手数料無料】

PREV
薪割り5年 2010-5-12
NEXT
電動薪割機2 2010-5-19