シーズン2

  古い順 | 新着順

シーズン2

ストーブ博物館

日本だって昔からストーブを焚いていたわけで、明治~大正~昭和と、薪だろうが石炭だろうが改良を重ねていく過程で熱効率や熱工学とかの研究をしたことだろうし、実験もしただろう。使う側の庶民もズンドウストーブならズンドウストーブなりに工夫しノウ...
シーズン2

灰を溜める量2

今シーズンもそろそろ終わろうとしているが、ここ1ヶ月ほど【4】のパターンで焚いている。以前「灰を溜める量」で書いた通り、灰受け皿は満タンのまま灰を炉内に溜める方法だ。 ちなみに下の写真の通り(1ヶ月前)、灰受け皿は満タンだ。グレートの隙...
シーズン2

薪棚に積む3

上の写真が今年で、 下の写真が昨年の同じ薪棚だ。 パッと見ではあまり差はないが、よく比べて見ると昨年の方が薪が細かく割ってある。今年に比べれば中割や小割ばかり。ご苦労なこと、要は薪割りがヘタクソなんだ(笑)。 積むときも隙間のないよう...
シーズン2

薪棚に積む2

薪は1日でも早く割るが、薪棚に積むのはのんびりやっている。 4月下旬に割った6トンの薪のうち、薪棚に納まったのは半分くらい。残りは天ざらしのままにしている。地面で濡れっぱなしだったり、虫がついたりしないよう時々様子を見ながら、梅雨までは...
シーズン2

三方六

北海道の銘菓「三方六」。白樺の薪のカタチをしたバウムクーヘンだ。木肌も年輪もそれらしく、ついてくるナイフもノコギリというお遊び。薪ストーブユーザーにはなかなか楽しいお菓子だ(笑)。 「三方六」という言葉に惹かれて購入してみたところなかな...
シーズン2

冬越えの薪2

これは昨年11月に玉切りして積んでおいたミズナラだ。 あれから6ヶ月。冬の間の保管だったというのになかなか見事な乾燥具合じゃないか。木口のヒビ割れもそうだが、手にするとウソだろ?と驚くほど軽い。簡易水分計で木口や断面を測るが反応せず、割...
シーズン2

薪棚に積む

割った薪を薪棚に収容してしまうとそれで薪づくりは完了!という気分になるのだが、乾燥させたいための薪棚であって、乾燥しにくい積み方をしてしまっては意味がない。薪棚は大切な「乾燥棚」なんだから、今回はここで少し慎重にやってみる。 薪を割った...
シーズン2

薪割り4

薪割りを一気に終えて、あとは天にさらしつつ雨に打たれつつ、休日ごとに薪棚に積めばいい。 今回の薪割りは大割がテーマ。大割を多く割った。長さは40cmで断面の一辺がそれぞれ15cmくらい。思ったほどデカくない。それでも(非力なので)片手で...
スポンサーリンク