シーズン5

  古い順 | 新着順

シーズン5

電動薪割機3

4トンの電動薪割機(ナカトミのLS-52HS)。私は図のように手を添えて刃の当たる位置を決め、思う通りの薪をつくる。実はここにメーカーから見れば禁止行為がある。「作動中は薪に手を添えては危ない」ということなんだな。 たしかに自分の子ども...
シーズン5

電動薪割機2

私は4トンの電動薪割機(ナカトミのLS-52HS)も使う。結果的に斧で割る薪割りが早くなるしラクチンになったと思う。 基本は斧。斧で割る方が早い。 でも斧一本だと疲れたらそこでおしまい。もう割れなくなるが、機械ならばそこから座って電気で...
シーズン5

電動薪割機1

薪を割って5年。 私は4トンの電動薪割機も使う。別に薪割機だからってどうということはない。薪割りの道具が一つ増えただけであって、斧で割ろうが座って電気を使おうが、その時その時でチョイスして使う。 エンジン式の薪割機は高くて買えないし自宅...
シーズン5

薪割り5年

薪を割って5年。まだまだ5年。 今年もふうふう言って、脇目もふらず、一心不乱に、斧を振ってます。 薪割りをする時は一人きりで、誰かと話すとか笑うとか、面白いことなどなにもないのに楽しくて仕方ありません。2時間もぶっ通しで斧を振っていれば足が...
シーズン5

5年目のチェンソー

私の使うチェンソーは、カーツポーランのCS220。 チェンソー選びで検索かける人なら目にするはず。アメリカ製で、38ccのエンジン、40cmのバー、しっかりした防振機構、程よい重量、などなどスペック的には35cc以上の標準クラスであるの...
シーズン5

5年目の薪づくり2

ここは自宅からクルマで20分の薪置き場。薪はここに積んで乾燥させる。 薪の長さは50cm。これまで40cmだったが今回からサイズアップして切ってみた。アンコールは仕様で最大50cm、入れようと思えば55cmまでギリギリ入るからね。 長く...
シーズン5

5年目の薪づくり

5年目の私の薪づくりはこんな感じ。1シーズン少なくとも8トンの薪をつくるが、だいたい年2回に分けて薪づくりをする。 (1)前年の11月頃 ・・・・原木4~5トンを買ってチェンソーで切って割って薪棚に積む ・・・・焚くのはシーズン前半(10...
シーズン5

5年目のアンコール3

5年目のアンコールで気になっているのが、薪ストーブ本体の気密だ。グリドルやフロントドア、ダンパーなどの可動部なら、ファイバーロープの交換や調整で密閉度を確保する。しかしそれ以外の要するに鋳物と鋳物、パーツとパーツのつなぎ合わせ。それは耐...
スポンサーリンク