薪づくり・薪のこと

  古い順 | 新着順

シーズン7

半割祭り3

クルマで20分の薪場に雪だ。 11月下旬ともなれば珍しくもないが確実に雪は迫っている。こいつはますます急がねば。というわけで、久しぶりの休日。今日は半割祭りだ。 4トンの玉を全部半割にする。片っ端から。多少の割れ筋を読んだらあとは...
シーズン7

含水率20%の薪2

前回(「含水率20%の薪」)のつづき、「含水率20%前後が理想的な薪」とはファイヤーサイドのサイトの記述だ。 実はずいぶん甘め(高い数字)だなと思っていたら、よく読むと「完全に乾燥している薪の重さに対する水分の重さ」が含水率だとしているでは...
シーズン7

玉切り2

注文した原木は4トン、ナラと雑木の混じりだ。これは来シーズン(2012年冬)のためのもの。いま切って年内に割っておけば乾燥期間1年の薪になる。春と秋、年2回の薪づくりは我が家の定例行事なのだ。 10月のある休日、一気に玉切りしたよ。下は...
シーズン7

含水率20%の薪

参ったな。シーズン7は薪の乾燥がイマイチ。 水分計で計ると表面は17%。でも表面だけなら3ヶ月でこれくらいの数字にはなる。本当に調べるなら割って内部を計ることだ。 げげっ、内部は22%。 同じように何本か割って計ってみたところ、...
シーズン7

軽トラで薪運び2

私の薪棚はクルマで20分の郊外にある。自宅では薪を置くスペースが足りないからここに場所を借りて薪づくりをし軽トラで自宅に運んで焚くわけだ。ほかにも原木を運んだり近所の伐採木をもらってきたり、私の薪ストーブライフに軽トラは欠かせない。 そ...
シーズン6

原木を入手5

久しぶりに原木を入手だ。現場にチェンソー持って切りにいくのは3年ぶり。このところ原木購入がメインになっているからね。現場調達は不定期かつイレギュラーだし計算が立たないから紹介されてもほとんど乗らないようになっていた。 しかし断りきれない...
シーズン6

半割祭り2

正確には半割祭りは前回で終わってる。これはその続き。さらに欲しいサイズに割っているところだ。 ほとんど斧一本だ。電動薪割機も持っていったが30分で止めた。今の私はどれだけでも斧が振れる。薪割り絶好調。4月5月と薪づくりを続けて6月の私の...
シーズン6

仮積みの薪

仮積みの薪4トンが雨に打たれている。 割った直後は天にさらして、雨によく打たれた方が乾燥が進むのではないか、という例の仮説の実践だね。(2007年頃の 「雨ざらしの薪」シリーズのこと)。 一年目の頃は雨に濡らすなんてトンデモナイ。ポツリ...
スポンサーリンク