薪づくり・薪のこと

  古い順 | 新着順

シーズン1

薪の消費量

薪の消費量について目安を書こう。私が焚いているのは次のような条件だ。 ・バーモントキャスティングスのアンコール触媒機。 ・24時間焚く。就寝時にも薪を入れて翌朝熾きが残るようにする。 ・高気密高断熱ではない普通の木造住宅(48坪)。 ・吹...
シーズン1

薪小屋図面

クルマで片道20分と少し遠いが田舎の空き地に薪を置ける場所が見つかった。ゴールデンウィークは忙しいぞ! というわけで、とりあえず薪棚計画を立ててみた。行き当たりばったりで作れるほど大工の腕はないし予算も抑えたいので、少ない材料でギリギリの強...
シーズン1

がんばれ薪づくり

制作途中の薪小屋。 1基で2.5立米計算の薪小屋がまずは2基。図面を作っておいたおかげで丸1日だけで薪を割って並べられる状態にできた。 図面と違うのは屋根の垂木等の本数が省略してある。まあいずれ補強しておこう。屋根の波板はまだ張ってない...
シーズン1

がんばれ薪づくり2

薪小屋の土地を使わせてくれた地主さんが好意で手配してくれた原木の山。 実は私としては別ルートですでに3トンの購入が段取りできていたのだ。なのに、地主さんによってほとんど押しかけ的に原木がどこからともなく運ばれてきて、ドンと置いてあった。...
シーズン1

がんばれ薪づくり4

9日間のゴールデンウィークが終わった。しかしよく働いた、頑張った。 原木は推定5~6トン。これだけの量をほぼ3日で玉切りし、薪小屋もこしらえた。5立米は積める計算だ。製作費用は17,000円。少々お金がかかったが、雨がかからないしっかり...
シーズン1

グレンスフォシュと和斧

グレンスフォシュ最高、と前に書いたが、ゴールデンウィークの大量の薪づくりで違う発見をした。 和斧は軽い。グレンスフォシュに慣れた手に和斧の軽さはかえって振りにくいと思ったものだが、グレンスフォシュの斧を丸1日振り続けるのは相当な腕力が必...
シーズン1

アカマツだって燃やすぞ

薪にするなら広葉樹がいいに決まってる。だがよく乾燥させれば針葉樹だってかまわないだろうと思っている。 私の場合は単なる薪貧乏という気もするが、近所から「松が倒れてるんだけどいらない?」と言われれば断ることなく頂いておく。たとえ薪小屋がい...
シーズン1

井桁に積んでみた

ゴールデンウィーク明けから1週間。早速薪割り&薪棚作りを再開だ。 こちらの薪棚はお金をかけるつもりはなく、垂木を敷いて薪を積んでいくだけの方法だ。両端の横崩れを支える支柱を作りかけていたが、井桁に積めば薪棚は自立することを思い出...
スポンサーリンク