シーズン7

  古い順 | 新着順

シーズン7

天板のファイバーロープ化2

天板を外してラクになることは、気密チェックがずっとやりやすくなるってこと。 例えば以前見つけたエアープレートの空気漏れ。去年のメンテナンスで補修したのだが上の写真の通り改善している。隙間を耐火セメントで埋めたんだ。空気の漏れはみられない...
シーズン7

天板のファイバーロープ化

私は改造のアプローチはしない。だから天板もセメントで固めるつもりだった。 しかしアンコール触媒機は天板を外してこそ「普通のメンテナンス」が可能になる?とやってきたくせに、またセメントで固めてしまってどうする? しばらく逡巡したが、やはり...
シーズン7

アッパーファイヤーバックの取り付け

さてアッパーファイヤーバックを取り付けよう。ここを正確にやりたくて始めた今回のメンテナンスだ。やっとたどり着いたよ。 セメントを盛るのは図のようなラインだ。そのための溝がある。ボルトの穴を迂回するかまっすぐ盛るか、流儀が分かれるようだが...
シーズン7

バックパネルの取り付け

さてバックパネルの取り付けだ。 セメントが盛られていた様子を観察すると、ご覧のようにボトムには端から端までびっしりセメントが盛られている。相手がホウロウだろうが躊躇なくここはてんこ盛りだ。 バックパネル側もボルトの穴を除いて写真の部分...
シーズン7

耐火セメント容器入り

フルメンテナンスで使う、耐火セメント容器入りだ。 今回、バックパネルまで外したから必要となった。なんといってもセメントを盛りに盛るこの安心感はいいよね。カートリッジタイプの1.6倍も入ってるのにカートリッジより安い。アッパーファイヤーバ...
シーズン7

アンコールのバックパネルをはずす

天板を外したところで、しかしこのバックパネル。仮止めのボルトを外せば明らかに浮く。このまま力を加えたらカンタンに剥がれて後ろへ倒れるだろう。 天板をはずしてアッパーを交換するということは、バックパネルが一時的に固定を失ってフリーになる。...
シーズン7

アンコールの天板をはずす

天板を外すのはもっと先送りするつもりだった。 なのにやってしまったよ。 「普通にする普通のメンテナンス」を書いてるつもりが、しかしその「普通のメンテナンス」が難しいのがアンコール触媒機。とくに今やろうとしているアッパーファイヤーバックの...
シーズン7

新旧のコンバスター

3年間使用したコンバスターと、今回交換する新品のコンバスター。まだ使えると思いたいが、向かって右側が抜け落ちている。交換だ。 「コンバスターは12,000時間で寿命」が目安と言われる。 以前の私は1年や2年でバキバキにしたものだが、あれ...
スポンサーリンク