薪ストーブ

  古い順 | 新着順

シーズン1

アンコールの赤

どっちが本当の色だと思う? 左の写真がフラッシュつき、右の写真がフラッシュなしで撮影したもの。 アンコールの赤をフラッシュつきで撮影するとほぼ左のような鮮やかな赤で映る。本や雑誌で見てこっちの色のイメージを持っている人もいるが、実際のリ...
シーズン1

なぜ薪ストーブ?

なぜ薪ストーブ?とよく人は尋ねる。 環境問題とか、原油価格の高騰とか、そんな理屈じゃなかった。 信念とか信条とかそんな高尚な考えがあってのことでもなかった。 ブームだとか、いや、時代遅れだとか、そんなことはハナから関係なかった。 自分の中に...
シーズン1

ドアガラス

日常はこんな感じ。 アンコールは燃焼用の空気がエアーカーテンのようにガラスの内側を上から下へと通っているのでガラスが曇りにくい。これは本当のようだ。煤で真っ黒になるという経験はまだしたことがない。 かわりに白くかすむような曇り方をする。...
シーズン1

夜の感じ

フラッシュなしの撮影。アンコールの赤だと言っても信じてもらえないかもしれない。何度も書くが夜の落ち着いた灯りの下では人間の目にはこういう感じで見える。 300度で焚いている。家族も就寝した夜11時すぎ。アンコールの前で焼酎「黒霧島」の湯...
シーズン1

二次燃焼の灯り

アンコールの二次燃焼室は本体の奥にあって容易にはアクセスできない。だからコンバスターの状態ってのは作動しているのかいないのか、灰が詰まっているのかいないのか、焚いていてまったくわからない。気にしなきゃそれでどうということはないが、焚き方...
シーズン1

ガンガンに焚こう

アンコールの慣らし焚きを終えた時、ストーブ屋さんはグリドル中央のバイメタル温度計をさして「だいたい250度で焚いて下さいね。300度は高いです、やめて下さい(きっぱり断言)」と言った。その当時、たまたまネットで目にした情報とも一致していたの...
シーズン1

空気調整レバー

アンコールには正面向かって右側面に空気調整レバーがある。 「火力コントロールレバー」とも「燃焼空気取り入れレバー」とも呼ぶらしいが、要はどれだけの量の空気を薪ストーブに送り込むかを加減するものだ。 最初、このレバーの加減がどうにも理解で...
シーズン1

コンバスター見えた

肌寒いといっては焚き、雨だと言っては焚き、点検だと言っては焚き、子供の腹が痛いと言っては焚く。もう5月も下旬になるというのに薪ストーブは毎日焚いている。でもいい加減、薪ストーブのシーズンも終わらなければならない季節だ。 掃除をしなきゃならな...
スポンサーリンク