灰の量

  古い順 | 新着順

シーズン9

灰の出る量3

写真は9年目の今年、シーズン前半を焚いて出た灰の量だ(2014年2月4日立春)。 一斗缶(18リットル缶)で0.9個分くらい。まだ満杯になってないね。あとは炉内と灰受け皿に溜まってる。写真以外に取り出した灰はない。1シーズンで8〜9トン...
シーズン2

灰を溜める量2

今シーズンもそろそろ終わろうとしているが、ここ1ヶ月ほど【4】のパターンで焚いている。以前「灰を溜める量」で書いた通り、灰受け皿は満タンのまま灰を炉内に溜める方法だ。 ちなみに下の写真の通り(1ヶ月前)、灰受け皿は満タンだ。グレートの隙...
シーズン2

灰を溜める量

薪ストーブはある程度の灰を溜めて焚いた方がいいとよく言われる。 何よりも火持ちが良くなる。灰の助燃効果、炉床の保護などもある。我が家の場合も灰を溜めた方が劇的に火持ちが良い。 でも溜めるってどれくらい? それぞれが好きに溜めればいいのだが、...
シーズン2

灰の出る量2

ところで薪は燃えるとどれくらいの量の灰となるのだろう? いろんな条件で異なるとしても、何か根拠らしい根拠はないものだろうか。 いろいろ探していたところ、薪ストーブの本や、学者さんの話から、 「乾燥した薪は燃えるとおよそ1%の灰になる」...
シーズン2

灰の出る量

我が家の場合、灰はたくさん出る。それだけ薪をたくさん焚いているとも言えるし、無駄に焚き過ぎていると言えなくもない。 1ヶ月で一斗缶一杯は出る。灰受け皿の灰も週1回~10日に1回のペースで片付ける。放っておくとすぐに溜まりすぎてしまうので、「...
スポンサーリンク