チェンソー

  古い順 | 新着順

シーズン12

ドルマーdolmar121si

dolmar121si(PS-6800i)、68cc、不動ジャンク。水没か埋没か内部は木屑や泥がびっしり詰まっていた。 しかし自分にキャブレターの分解清掃ができて、クラッチやらコイルやらオイルポンプやら整備できるとは思わなかった。すべて...
シーズン12

12年目のチェンソー

初心者だった私がはじめて買ったチェンソーがカーツポーランのCS220。低価格モデルだけど「休日DIYの薪ストーブ玉切り専門」そんな作業量の私には必要十分。12年たってもそれは同じ。最初に買うチェンソーとしては、価格とその後の結果を見れば...
シーズン7

7年目のチェンソー

私の使うチェンソーはカーツポーランのCS220。 38cc中級クラスでありながら2万円前後というウソみたいな低価格チェンソーだが、7年目もバッチリ健在だ。 低価格ゆえに不安もあったが、最近チェンソーの達人に見てもらったところ、分解&清掃...
シーズン6

玉切り

「玉切り台」を書いたのは最初の年。1年目の初心者の頃だ。 6年目の現在、あの玉切り台は写真のような有様で薪場にうち捨てられている。ほとんど使わなくなったんだな。 じゃあどうやって玉切りしているかというと、(1)か(2)だ。 (1...
シーズン6

6年目のソーチェン

私の目立ては手で丸ヤスリだ。30度の目立て角を決めるビデオケースも健在。(「チェンソーの目立て2」) 玉切りに行く前は毎回必ず目立てする。たいていは数日前のヒマのある時に済ませておく。デプスも忘れず定期的にやる。刃の食い込みがぜんぜん違...
シーズン6

6年目のチェンソー

私の使うチェンソーはカーツポーランのCS220。 低価格チェンソーだが6年目も健在だ。あるものは大切に使う。 休日だけの薪づくりで、チェンソーは年に数回しか使わない、原木は購入するので平坦な土場で玉切りするのみ、という仕事量ならこの価格...
シーズン5

5年目のチェンソー

私の使うチェンソーは、カーツポーランのCS220。 チェンソー選びで検索かける人なら目にするはず。アメリカ製で、38ccのエンジン、40cmのバー、しっかりした防振機構、程よい重量、などなどスペック的には35cc以上の標準クラスであるの...
シーズン2

2年目のチェンソー

これはよくある話なんだろうか? 久しぶりにチェンソーの準備をしようとして、燃料タンクとオイルタンクを間違えて逆に入れてしまった(笑)。 何度スタータを引いてもウンともスンとも言わない。 おかしいなと思ったら、そうだ、逆じゃないか。燃料...
シーズン2

チェンソーの目立て3

手で丸ヤスリでするチェンソーの目立てはソーチェンの固定も大切だ。たとえバーを器具で完全に固定してもソーチェンも固定しなければ刃は丸ヤスリに擦られて動いてしまう。だから私は研ぐ刃のひとつひとつを首根っこを押さえつけるように手でしっかり固定...
シーズン2

チェンソーの目立て2

1本目のソーチェンは土を切りまくったし、ヘタな目立てをしすぎて刃がボロボロになってしまった。良い練習だった(笑)。 現在のオレゴンの2本目はなかなか調子よく活躍中だ。この2本目には目立て機の使用をしてない。しばらくは手で丸ヤスリだけで通...
シーズン2

チェンソーの目立て

チェンソーというのは鉛筆を削って使うのと同じで、作業しながら頻繁に目立てをするものらしい。 先日、達人がアカマツを伐っているのを見ていたが、休憩しながら丸ヤスリで擦っている。尋ねてみると午前に1回、お昼に1回、午後に1回はたいてい擦るら...
シーズン1

チェンブレーキ

私のチェンソーはカーツポーランのCS220。アメリカ製。ネットで2万円そこそこの低価格にもかかわらずチェンブレーキや防振機構を搭載している。特にチェンブレーキは不意のキックバック時にチェンを瞬時に止める大事な安全機構だ。 ところが気づい...
シーズン1

玉切り台

DIYで自作しよう チェンソーで原木を切る、この「切る」こと自体は簡単なことなのだ。 何が大変って、山のように積み上がっている原木はそのままただ端から切っていけるものではなく、原木の重心を見計らいつつチェンソーのバーが挟まれないよう考えなが...
シーズン1

ガソリンとオイル

チェンソーの燃料は混合ガソリンだ。エンジン系のメカにまったく馴染みのない私は混合ガソリンというもの自体、見たことも聞いたこともなく、ホームセンターでウロウロしたものだ。 混合ガソリンとは、文字の通り混合されたガソリンだ。チェンソーの場合...
シーズン1

がんばれ薪づくり3

薪ストーブに斧とチェンソーは欠かせない。ついでに言えば軽トラも。 初心者の私が買ったチェンソーは日本ではあまり馴染みのないアメリカ製のカーツポーランCS220。 良いか悪いかわからない。だって初めてだもの。比較のしようがない。今のところ...
スポンサーリンク