シーズン2 薪づくり・薪のこと

薪の鳴る音2



薪の鳴る音 (08/16) は真夏の暑さが原因だと思っていた。しかし10月になっても薪は鳴り続けている。
普通に考えれば音の正体は薪の中に潜むカミキリムシなんだが、昼夜問わず、早朝も深夜も、雨の日だって鳴っている。棒でガンガン叩き回って黙らせようとしても一向に変化なし。
私が興味あるのは自然現象としての薪の鳴る音。
これは屋外の薪棚では気づかない。一生懸命聞こうと耳をあててみても外では聞き取れない。コンクリートの車庫で反響の良い静かな空間だから気づく音。
車庫で鳴っている薪はナラ中心。そりゃますますカミキリムシの可能性は高いが、本当にそれだけなんだろうか?
広葉樹林の山の中にたった一人分け入って耳をすます時のように、薪が発するいろんな音を感じてみたい。

PREV
薪集めの失敗 2006-10-15
NEXT
焚きつけの小枝 2006-10-19