吹き抜けを考える2

<前提として>- – – – – – – –
我が家で暖めたい空間を1階40畳、2階40畳、としよう。それをつなぐ吹き抜けは10m×1.2mと家を縦断するように細長い。この記事の図はその細長い吹き抜けの断面。
シーリングファンの使い方も普通と逆だし、あくまでひとつの事例と考えること。

(図1-1)薪ストーブを導入する時、我が家の構造では空気の流れはこうなるだろうと考えた。
吹き抜けも5~6mと高いから暖気を「撹拌」ではなく「循環」させるイメージを持ち、自然に生まれる空気の対流に逆らうことなく、むしろ加速する形で暖気を大きくまわそうと考えた。
そこでシーリングファンは図1-1のような位置にあり、細長い吹き抜けに向けて下回転を想定した。
こうして1年目、薪ストーブシーズンが始まったが、しかし暖かくない。室温も全然上がらない。それは単に薪ストーブに慣れてないので「焚き方が甘い」だけの話だったのだが当時はそうと気づかない。何とかしなければと打った手が(図1-2)「吹き抜けを一部塞ぐ」だった。

(図1-2)「焚き方が甘い」上に吹き抜けを一部塞いだこのパターンが、実は一番寒かった。
なにより「焚き方が甘い」のだから暖気が足りてない。あちこちに温度差が生まれた。しかも吹き抜けが小さくなったことで1階の暖気はその「穴」をめがけて上昇しようとし、2階の冷気はそこしかない「穴」をめがけて降りてこようとする。穴が小さければ小さいほど空気の流れは速くなり、薪ストーブを焚けば焚くほど加速される。それが階段をイッキに降りて来た。我が家の床を這う冷気の正体はこれだ。
やはり空間は塞がず大きく大きく空気をまわそう。温度差があるから冷気が動く。暖気はまわして冷気は散らして、2階の空間こそ均一にしよう。冷気がなければ降りてくることはない。そう考えた。

(図2)つまり一番当初の暖気計画に戻った。そしてサーキュレーターで2階天井の暖気を動かし、それをシーリングファンが1階へ運ぶ。なるほど1階にいて頭上に暖気が降りてくるのがわかる。なかなかいい。ボックスファンを回して階段を降りようとする空気も散らす。リビングの温度はかなり満足できるものになった。
しかし不満もなくはない。薪ストーブの温度が下がると暖気の温度も下がり、循環して1階へ降りてくる空気に暖かさを感じなくなる。
何よりもあのサーキュレーターの大きな音。日常的に回す気は毛頭ない。もっと静かな方法が必要だ。3年目に向けてもう少し検討しなければ。
ちなみに蛇足だが、次のようなことも考えた。


(図3-1)薪ストーブの上昇気流にシーリングファンをぶつけてみても効果は薄い。百も承知だが、シーリングファンを薪ストーブの真上につけてあのガンガンに暖かい暖気を下向きに放出したい衝動にかられたことはないか?。試してみたい衝動はないか(笑)。ダメならダメであることを確認できる。
ただシーリングファンを移動するには電気工事が必要だ。それに薪ストーブの温度が下がればシーリングファンを寒いと感じるのは目に見えているじゃないか。
相変わらずやってみないとワカンナイ、熱心なのかおバカなのか、困ったヤツだ(笑)。
(図3-2)最後に実はこれが一番の基本、一般論だ。

我が家は吹き抜けが10m×1.2mと細長いカタチをしており、そこを通して1階と2階を暖めようとしているからシーリングファンを下向きにしてピンポイントで暖気を1階へ飛ばそうと考えるわけだ。だが、ここはひとつ基本に戻ってみる。
つまり1階と2階の暖気を「循環する」という発想は捨てて、1階は1階で暖気を「撹拌」し、2階は2階で「撹拌」する。いずれ全体として家全部が均一に近づく。これが一番、理にかなっているはずだ。
ただ1階での暖気の「撹拌」方法がいいのがないのだ。放っておけばリビングの天井の暖気は吹き抜けへと動いて2階へあがってしまう。シーリングファンは頭に近すぎて普通の天井にはつけたくない。扇風機は弱い。サーキュレーターはうるさい。
天井吊タイプのシロッコファンのサーキュレーターなら静かだろうか。小型のファンなら音もなく回るものがあるらしいが効果は見込めない。
あーだこーだと、困ったものだ(笑)。長くなって大変失礼いたしております。

コメント

  1. えどわるど より:

    アイデア満載ですね^^
    ですが建築屋のセオリーから見たらどうかなと・・・・
    というのも、暖気にしろ冷気にしろ人体に直接当てたら冷たく感じるのです。
    耳元にふっと息を吹かれて気持ちいいという人はすくないと思います。
    マキスチーブの暖かさも無風&輻射熱ですしね。
    図を拝見しましたが単純に現在のシーリングファンを上向きだけでもいいと思います。
    1番高い棟に暖かい空気が集まってるのをシーリングファンで天井にぶつけて反射させたら階段を降りてくると思います。ただもう試されていい結果ではなかったのかもしれませんがTT
    私も建て替え検討してて、頭金用意しつつマキストーブの勉強しつつ図面引いてるのですが、この空気の流れが大変難しく今でも階段と洗面所、更にはマキストーブの位置すら決定できませんw
    こちらのHPは大変参考にしています。
    暖かくなるまでもっとがんばってくださいね!

  2. encored管理人 より:

    えどわるどさん、
    初めまして。どうぞよろしく。
    そうなんですよ、アップした図の最後が3-1ですが、ということは3-2があり、それが上向きバージョンです(笑)
    一番、理にかなったバージョンだと書いてます。もちろん何度も試してます。2階の各部屋に暖気が行き届いてとても良いのですが、暖かい日はよくても氷点下のような寒い日に限っては1階まで暖めるには足りません。(我が家の構造の場合です。1階40畳相当、2階40畳相当、それをつなぐ吹き抜けは10m×1.2mと細長い)
    図が多く、記事が長くなるのでカットしましたが、こちらの方が一般論なのだから追記しておこうかな。おっしゃる通りセオリーだしもう少し考えてみる余地はありそうですね。

  3. northin より:

    とても広い家なので
    家の端にある薪ストーブの暖かさを
    1階の反対側にある部屋までを暖めるのは
    難しそうですね
    うちは暖まりにくい部屋を食品庫として利用しています
    シーリングファンの高さを変えてみたらどうかなぁ?
    下に暖かい空気が流れやすくなるように思いました

  4. Yama より:

    とても広いお宅ですね。
    あるキャンプ場の管理棟を思い出したのですが、なんて表現するのかわかりませんが、
    2階建てだけど、すべて吹き抜けで、いいのかな。
    そこは、薪ストーブの真上にシーリングファン(業務用らしく大きい)があり、結構な空間が、
    ある程度均一に、暖かかったような感じを受けました。
    新築の家を建てたく、薪ストーブを検討していますが、間取りだの、法律だの、難しいことばかりです。
    このサイトは、すごく参考になり、毎日チェックしています。
    これからも、楽しい薪ストーブライフを、載せてください。

  5. 写風人 より:

    毎回素晴らしい調査で、感心して拝見させて頂いています。
    思うように部屋が暖まらないと、歯がゆいものですね。
    我が家はストーブの天井に吸引口が付いていて、
    暖気をOMのダクトを通して床下に送ります。
    薪ストーブのお湯を床下に循環させて床下暖房している方も見えるようですね。詳しくは分かりませんが・・・。
    空気の循環が解決されれば、
    床下も工夫されるとより暖かく感じられるのではないでしょうか。

  6. bossport7 より:

    はじめまして。他の方のブログから飛んできました。
    かなりの吹きぬけですね。うちも1階25畳2階25畳の完全な吹きぬけです。
    ストーブはその隅に、モルソーの1126の対流式が設置され煙突はストレートで
    抜けています。
    うちも設置当初に寒暖差に悩みましたが、ボルネ-ド社の730というサーキュレーター
    の導入により今は、ほぼありません。しかも5段階調整の1で使うとかなり静かで、回っているのも忘れます。私の家はこの1でかなり解消されています。すこし大きいですが静かさはこの下のクラスより上です。私はタイマー組込みのコンセント器具を使用しタイマーで起動・停止しています。エアコンの暖房でも効果大です。現在販売されているサーキュレーターはボルネ-ド社の模写したものと言われています。ご参考までに。

  7. encored管理人 より:

    bossport7さん、
    はじめまして。
    本命ボルネードはやっぱり静かですか?
    値段からつい安い方を買いましたが、
    サーキュレーターで効果大だと確信すれば
    ボルネードにしようと思います。
    ボルネードの中でも一番静かなタイプを探しています。

  8. bossport7 より:

    私はボルネード最大の730型を使用し、風速は最弱で天井の一番高い部分に向けて風を送っています。ボルネードの説明書によると、冬は上向きで低回転で、夏は階段等で高速でとありました。当初は藁にもすがるで半ば諦め半分で導入しましたが、これを止めると二階は南国で一階は雪国です。。。あとは湿度の問題ですね。乾いた空気は冷たく感じるものです。我が家では階段の上に加湿器を設置し下る冷気を加湿しています。
    ボルは大型を低速で稼動の方が静かです。羽根が大きいものでゆっくり動かすので、音も気になりません。また、二階の吹き抜け中央に空中廊下があるのですが、最弱でも天井面に風が当たるのがわかります。尚、1階床から天井の一番高いところで5m程度です。参考になるか分かりませんが、我が家の場合でした。