灰の出る量

我が家の場合、灰はたくさん出る。それだけ薪をたくさん焚いているとも言えるし、無駄に焚き過ぎていると言えなくもない。
1ヶ月で一斗缶一杯は出る。灰受け皿の灰も週1回~10日に1回のペースで片付ける。放っておくとすぐに溜まりすぎてしまうので、「灰をある程度溜まった状態」に保てるよう、こまめに灰を抜いている。

この灰の出る量も薪ストーブの七不思議のひとつで、人によっていろんな話がある。
ある人はシーズンを通して一度も灰掃除をしないといい、
またある人も掃除をしてもシーズンを通して2度か3度だけという。
私のように10月から5月まで7トンも8トンもひっきりなしに焚いて、それで一度も灰を掃除することがないとすればまことに結構なこと。しかしそれはいくらなんでも信じかねる。
そもそも焚いている薪の量が全然違うのではないか?ひと冬で2トン焚く人と、8トン焚く人では灰の量は4倍違うぞ。24時間焚くのと朝と晩だけじゃ全然違うぞ、と、ツッこみを入れたくなるのだが、薪ストーブというヤツはどこに住んでどんな家でどんな暮らしをしているのかを知らないと比較にならないものだ。
それに気づくまでは、うちは何でこんなに溜まるんだろう?と合点がいかないものだった。

まあいずれ経験が答えを出してくれるから、今は出る灰は掃除するのだ。
写真はこれから掃除するのではなく、これで掃除をした後だ。熾きがたくさん残っているので余計に多く見えるが、私はたぶん灰を多めに炉内に残す方だろう。
灰受け皿に落ちた灰はこの後、もっと冷えてから、車庫の一斗缶に片付ける。
くり返しになるが、ひと冬で7~8トン焚いて週1回~10日に1回の灰掃除、1ヶ月で一斗缶一杯になる。これはこれでだいたい普通なんじゃないか。ちがうかな?

コメント

  1. northin より:

    うちの灰は
    焚いているのは
    朝と夜だけで24時間運転はしていない
    今まで使った薪は約3トン
    灰を捨てるのは1週間に1回捨てます
    捨てる量は灰皿にいっぱいぐらいですよ
    F500はサイド扉もあるから
    ここまでいっぱいは貯めれないなぁ
    そして24時間運転していないので
    火を着ける時に灰捨ての扉を開けて
    空気量を増やすから
    灰は畑の肥料になっていますよ

  2. 写風人 より:

    設置当時は何も分からず、ご丁寧に炉内の灰もきれいに取り除いていましたが、
    火鉢の原理で、灰を残せば熾きの持ちも良くなることに気がつきました。
    しかし、薪を投入する際に灰がこぼれ落ちてしまうので
    炉内の灰をある程度整理すると、灰受け皿は4・5日でいっぱいになってしまいます。
    「一度も灰を掃除しない」が不思議でなりません。

  3. encored管理人 より:

    northinさん、
    写風人さん、
    そうですよね、灰はこれくらい出ますよね。
    初めてだった去年は、掃除しないことが上手で賢い焚き方だと勘違いしてしまったんですね。
    で、焚きはじめから一切灰を抜かず、炉内の半分近くを灰で埋めたことがあります。窒息してましたね(笑)
    灰はたくさん出るので、溜めすぎず、かつ、ある程度灰が溜まった状態を保つよう適度に掃除しましょう、ってことで私も納得できました。

  4. encored管理人 より:

    northinさん、
    ↑おや、コメントがコピー&ペーストで無くなってしまってます、失礼しました。
    灰の出る量の2をそのうち書きますので、ヨツールの話もまた教えてください。

  5. 森の住人 より:

    こんにちは、
    薪ストーブで検索して、こちらを拝見させていただきました。
    私も薪ストーブがとても好きで、6台のストーブを焚いてきました。
    アンコールは現在のヨツールF400のの前に焚いていました。同じ触媒機のダッチウェストFA225も使いました。現在のF400を焚いてわかったのは、触媒機は、ヨツールのクリーンバーンに比べて、2倍ー3倍の灰が出ること。アンコールに比べ、ヨツールはほとんど灰を捨てることがありません。
    同じバーモントのアスペンも焚いていますが、これはクリーンバーンなのに、灰がたくさん出ます。したがって、灰の量はメーカー、機種によって大差があります。もちろんどちらがよいかはわかりませんが。
    私の経験では、こんなところです。

  6. encored管理人 より:

    森の住人さん、
    はじめまして。
    経験豊富ですね。私も何台も焚いてみたいです。
    機種によって傾向が違うのは楽しそうです。
    一度も掃除しないのが不思議でならないという話に戻ってたいへん恐縮ですが、
    「ほとんど灰を捨てることがない」のは、1日どれくらいのペースで焚いて、
    ふと冬どれくらいの量の薪を焚きますか?薪の種類は何でしょうか?
    たくさん焚かないと寒い空間ですか?余裕で焚いて暖かい空間ですか?
    触媒機との比較の話だとは思いますが、
    もしよろしければ勉強のためにぜひ焚いている様子が知りたくてお願いします。
    ところで、灰の量が変わるのはどういう理由なんでしょうね。
    煙突にたまる煤もそうですが、薪ストーブの燃焼状態は出る灰に影響するはず。
    最近は量ではなく、軽い灰で焚きたいと思うようになっています。
    もちろん樹種に大きく影響するとしても、
    一言でいえば空気をたくさん送って長時間きっちり燃やす完全燃焼なんでしょうが、
    暖かさとか経済性もあるし、、、、まだまだわからないことばかりです(笑)