二次燃焼ボックスの補修

2年目の惨状は前回の通り。(「コンバスターの寿命3」
コンバスターは完全に破損。さらに外枠が左右に膨張するように変形したために二次燃焼ボックスの壁が圧されて左側は完全に破れてしまった。
ガンガンに焚くことがある種のテーマだったこのブログだが、やり過ぎると2年でもこうなるってことだ。まあ何事も最大MAXまで体験してこそ、余裕の幅が生まれる。ここまで焚けばまさにテーマを完遂。無理矢理に妙な満足感へと転化して、この惨状に立ち向かうのだ。

コンバスターの交換はやむなし。二次燃焼ボックスも交換しようとしたが価格が2万ン千円と聞いて気が変わった。その気になって掃除すれば十分いけるじゃないか。
そして損傷部分をヒートボンド、ガスケット用の耐火セメントで補修を試みる。
ヒートボンドで表面を馴染ませて数分後にセメントを盛って接着。大きく欠けた部分は二次燃焼ボックスの破片を砕いてセメントと練り混ぜたもので成形しながら埋める。
コンバスターに圧されて破れた壁は外側から金具で支えることに。
前面の3本のネジ穴をすべて埋め、別に4カ所で留める直す。
そして二次燃焼ボックスのあらゆる部分をボンドとセメントで接着&コーキング。
常温では頑丈に固まってバッチリOKだ。常温ではね。
実際に焚いたらさてどうなるだろうか。



追記だ。14年目の私がこの頃の私に何か言うとしたら、諦めて新品に交換しなさいだ。初心者のうちだったからあれこれジタバタ試行錯誤したけれども、14年目の今だったらこんな補修でしのげるとは到底考えない。そもそも14年目の今はコンバスターも壊れなくなった(「condarのコンバスター3」)。なので二次燃焼ボックスもここまで壊すことはない。

でも、いい思い出だね。

コメント

  1. cookie より:

    始まりましたね! 工夫してますね。サイドの固定はアイディアですね。あとは何処まで高温に耐えられるかですね。
    でも、この手のかかるところ「ちょっとした不便さ」も便利ばかり追求している今の暮らしには考え方を変えると心地いいと私は思います。
    先日、八ヶ岳の「しらびそ小屋」に立ち寄ると薪ストーブが赤々と燃えていて、ザックの汗で濡れた背中を乾かすのに心地よくついつい長居してしまいました。「しらびそ小屋」でも「本沢温泉」でも長い冬のために沢山の薪を作っていました。特に驚いたのが小さな小さな切れ端でも箱に入れて大切に天日に干していました。こんな愛情っていいなと思い、つい嬉しくなりました。
    もう少しで薪ストーブの季節ですね。