薪の重さを量る4

薪を雨ざらしにすることの効果について、雨ざらしの薪とそうでない薪で比較をしている。(「薪の重さを量る」)。
6月1日の実験開始から4ヶ月。
いよいよシーズンを迎えてどうなっているかという途中経過が下のグラフだ。

雨ざらしの薪が薪棚の薪を下回り始めた。これは実験開始時のもともとの重さからすれば当然なのだが、梅雨の間たっぷり雨ざらしにしても最後にはちゃんと乾くという証拠だ。薪は(乾燥の初期段階ならば)少々雨に濡れても構わない。私はもう疑う余地はないぞ。
ただ「雨ざらしの薪の方がよく乾く」とするにはまだ早い。この時点では乾燥していく本来の曲線カーブに戻っただけの話。
雨ざらしの薪はまだまだ減少傾向にあるから、今後さらに水分が減って2~3ヶ月後どんなカーブを描くだろう。そこが楽しみだ。

今は同じ薪棚に収まっている「薪棚の薪」と「雨ざらしの薪」。
木口や切断面などの見た目の違いはご覧の通りだ。樹皮ではほとんど差がわからない。
面白いところでは虫の有無が違う。薪棚の薪は手にすると細かなアリや虫などが数匹表面を歩いているのを見つけることがある。木の成分や養分が目当てなんだろう。
雨ざらしの薪は皆無。虫がいるのを見たことがない。成分は流れてしまって美味しいものは何もないんだろうね(笑)


(追記)
蛇足だが留意しておきたい点。
これは「ナラ」についてのみの実験であること。
そしてこの実験ではどちらも1本ずつ扱われて通常の薪づくりではあり得ないくらい理想的な「雨ざらし」と「薪棚」であること。何立米もの大量の薪棚では通気とか湿気とか積まれた場所とか、また別の要素が加わる。
薪(木)の本来の性質と、それを取り巻く状況的要素。この2つを分けて考えて、ひとつひとつヒモ解いていけたらいいんだけどね。

コメント

  1. aura より:

    はじめまして薪ストーブの購入を考えてますとても勉強になります
    だいいたいこのての機種でどのくらいの年数使えるのでしょうか?

  2. encored管理人 より:

    こんにちは。
    私はまだ3年目なので何も言えませんが、20年とも100年とも聞いたことがあります。
    以下、このての機種から、ファイヤーサイド社の引用です。
    「鋳物製薪ストーブは驚くほどロングライフ(長寿)なものです。壊れて不都合が生じない限りいつまでもご使用いただけます。丁寧に取り扱われたそれは、世代を越えても生きつづけるでしょう。ただし、薪ストーブにも消耗品としての部品があります。いつまでも最良の状態で使用するために、消耗的パーツの適時的交換を心がけて下さい。」
    だそうです。

  3. きょう(kyo-papa) より:

    ご無沙汰してます、お元気そうでなによりです(^O^)/
    雨ざらしとそうでない薪との比較についてですが
    私は怠け者なので毎年割った薪の半分くらいは雨ざらし(放置状態)に
    なってしまいます。
    毎年思うのですがすぐに運んでおけば良かったと若干後悔します。
    その理由は薪が汚れる事とその薪を運ぶ時に結構ほこりや土を含めて
    結構ゴミがでます。
    それらを綺麗にしないで運ぶと結局家の中でゴミ(クズ)が出てしまいます。
    燃やした時のカロリーはどうなんでしょうね?
    なんとなくですが雨ざらしの方が低いような気がしてます。

  4. encored管理人 より:

    どうもこんにちは。
    お久しぶりです。
    雨ざらしは火力を落とす。
    そこが気になるところです。
    もちろん程度問題だと思いますが、一般論として
    トータルの熱量では雨ざらしでない方が高いのではないか。
    そのことも頭に入れておきます。
    とするとますます怠けていられませんよ(笑)

  5. うばめ屋 より:

    あけましておめでとうございます。薪ストーブとともに暖かい新年を迎えられたことと思います。今年もいろいろ教えていただきたいと思っていますのでよろしくお願いします。
    ところで、雨ざらしの薪の熱量が落ちるという話なんですが、もしそうだとしたらなんでそうなるんでしょうか、単純に思いつくのは、木の養分や樹脂が抜けてしまうためその分のカロリーが減ってしまうか、もしくは雨ざらしで腐敗が進行すれば、木質分が分解された分のカロリーが減ってしまうか、あるいはその両方かといったところなんでしょうか。しかし、雨ざらしの方が内部までよく乾燥させることができるとすれば、水分が少なくなる分、水の気化熱で奪われる熱量が減るので、それと天秤にかけると、どっちがとくなんでしょうかねえ?

  6. encored管理人 より:

    雨ざらしで熱量が落ちる理由は私もその両方を考えます。もちろん他の要因もあるかもしれないので勉強中です。
    雨ざらしの薪とそうでない薪についても実験室で燃焼実験したいくらいです。
    経験で知るには年数が浅いし、知識を得るには情報が少ない。道はずっと遠いですが私も探しているところなので、何か書けることができたら記事で書いていきたいと思っています。
    気長によろしくお願いします。