薪ストーブの過乾燥3

結局のところ、我が家の空間には、1時間あたり4リットルもの水を水蒸気に変える加湿が必要で、それには事務所向け最大クラスの大型加湿器が2台以上いる。
などとあくまで大ざっぱな計算だがそんな見込みを立ててしまうと、購入費、電気代、騒音、置き場所、どれをとっても現実的でない。
・・・早い話が4リットル以上の加湿は諦めた(笑)。
ある程度の加湿で過乾燥が解消しなければそれでいい。あらがうのはやめよう。何もかも設備や機械じかけで解決する暮らしに背を向けたから私は薪ストーブなのだ。
それに1時間に4リットルもの水を家の中にバラまき続けるのだぞ?家のために良かろうはずがない。どこにどんなカタチで結露して溜まっていくかわからない。
ガンガンに焚く一方でガンガンに加湿する様子は奇妙でもあり、右手で大酒食らいながら左手で胃薬飲んでるようなものだ。
(これだけ書いておいてそんなオチがあるものか、笑)
もちろん、諦めたというのはこの問題にコストをかけず、騒音やスペース、手間、使い勝手も犠牲にせず、一気に100%解消するのは難しいと悟ったということ。工夫はこれからも必要だし、インフルエンザで学級閉鎖が始まるようになれば、その時は家中のヤカンを出してきて薪ストーブにかける。洗濯物を干す、濡れタオル、加湿器、何でもアリだ。
まあ、なんとかなるだろう。薪ストーブの過乾燥とはそういうものなのだ。これが3年目の我が家の過乾燥対策。
最後に、換気量を減らすという対策がある。高気密で計画換気のお宅なら可能だろう。加湿した室内の空気を外へ逃がさないというやつだ。
我が家は木の家の自然換気なのでコントロールしようがない。せめて薪ストーブの外気導入が考えられるが、家にあとから穴を開けるのだから見込める効果を慎重に検討してからにしたい。


追記だ。7年目となっても過乾燥は同じ。相変わらず24%。
しかしそれで病人が増えたこともないし、家族はみな元気。逆に風邪をひく回数はめっきり減っている。
人は環境に慣れていくんだな。だからアラスカにだって熱帯にだって高地にだって人は住む。宇宙にだってそのうち住むことになるんだろう。
過乾燥くらい大したことじゃないよ、そのうち慣れます。
(そんなオチでいいのか、笑)


追記だ。9年目となっても過乾燥は同じ。
しかしそれで病人が増えたこともないし、家族はみな元気。最近じゃ加湿すらしなくなってる。もう気にしてない。
だがこれは我が家のことであって、もし過乾燥に悩んでいるなら理屈はただ一つ。してるつもりで加湿量が足りてないのだ。だから過乾燥になる。ならば方法はただ一つ。できるだけたくさんの水を蒸発させてあげること。
20畳ほどまでの閉じた空間なら、私ならせっせと加湿に励むだろう。効果が見込めるからだ。でも吹き抜けの上下に開いた家まるごとの加湿はなかなか難しいね。
私は自然にまかせる(そのまま放置)で暮らしてるけど、地道なタオル干しや、やかんに始まって、あらゆる方法を組み合わせて工夫するしかないってことだね。
シリーズ検索用:「薪ストーブの過乾燥」

コメント

  1. hiroshi より:

    おはようございます。
    HP拝見しました。いろいろ試してるんですね。
    わが家でも過乾燥は悩みの種です。
    ダッチウエストのエンライトを22畳ほどの部屋で使っています。
    吹き抜けになっているので部屋の容積は天井のある部屋の
    2倍はあると思います。
    鉄瓶2つ、やかん1つ、ステンのボール2つ、フライパン2つをのせて
    湿度は27%前後です。
    ストーブを使用しないと40%位にはなるようです。
    要するに、わたしもあきらめています。

  2. encored管理人 より:

    ウチは今も24%ですが、人間とは大したものですぐに順応してしまいますね。
    ノドの粘膜に耐性ができるとか?(嘘です)
    過乾燥ですが以前の家よりずっと健康な我が家の家族です。
    学校などで風邪が流行ってきた時だけ気になります。

  3. ぽる より:

    何度もカキコしてますがヤカンをいくつか乗せて沸騰させても焼け石に水ですよ・・・
    ヤカンより大なべ、寸同、たらい等大きな物がいいです
    軽自動車よりトラックのエンジンの排気量が多いのと同じかな?
    各部屋にお水を入れた花瓶やコップを置くのもいいと思います。効果は僅かでも、僅かながら効果があるのはいいことです
    今から外気導入に変更するのは大変でしょう、お風呂や脱衣場の窓を普段少しだけ開けていたらどうでしょうか?
    室内の空気を燃やせば必ず新鮮な外気が必要です
    湿度20%代は異常です、老人や子供には大変厳しい環境です
    人間の進化の過程で口から入る毒物は腎臓や肝臓で濾過してあまり問題になりません
    ですが鼻から入る空気は・・・・
    せいぜい鼻やノドの粘膜しか濾過できません
    ほぼダイレクトに肺に到達します、人間の進化50万年ですが鼻からの侵入者はかつてなかったのです
    湿度40%程度あればウイルスも心配ないですが20%代だと脅威でしょう

  4. encored管理人 より:

    何度もご苦労様です。
    諦めたといっても解消しないだけで普通に加湿はしてます。
    コップも水槽も洗濯物も風呂場も、焼け石に水どころか、焼け石に一滴のしずく、ですが
    もし全部やめれば限りなく20%を切るでしょうね。
    過乾燥対策は、空間の広さと1時間あたりの加湿量で比較しようとした記事なので、
    「大なべ、寸同、たらい等大きな物」も1時間あたりの具体的数字でないとなんとも比較になりません。
    私もそのうち試す機会がくればやってみます。
    ただ、私のアンコールはトップローディング、上から薪を入れるので、
    大量の水をトップに乗せることは我が家では採用しないことは確かです。