シーズン1 チェンソー

チェンブレーキ



私のチェンソーはカーツポーランのCS220。アメリカ製。ネットで2万円そこそこの低価格にもかかわらずチェンブレーキや防振機構を搭載している。特にチェンブレーキは不意のキックバック時にチェンを瞬時に止める大事な安全機構だ。
ところが気づいてみればこのチェンブレーキが効かなくなった。ストップ状態になっていてもチェンが回るのだ。エンジン始動時もいきなりフル回転する。慣れたとはいえ、このまま緊急時にも止まらないでは意味がない。
今年の4月にチェンソーデビューして以来、8トン?いや10トンは切りまくったが、たかがこの程度でチェンブレーキが壊れてはイカン。それとも私の扱いが悪かったのか?停止状態なのにフルスロットルで回し続けたとか?あまり覚えていない。
確かに「ホームセンター仕様、長時間のハードな使用は向かない」、などとハナから馬鹿にしたコメントつきで売られていた。ようしそれならオレが使ってやろう、と思うのが私という人でありまして・・(笑)。
チェンブレーキが効かなくなるというのはどういう原因だろう?
声を大にして言っておくが、チェンソーはこういうトラブルを面倒見てくれる近所の専門店で買うのがベストだ。もしくは容易に情報もパーツも入手できる国産量販メーカーのものがいいね。
しかしまだまだ働いてもらうぞ。お前がいたから薪が作れた。がんばれ、カーツポーランCS220。