木材の水分計

木材の水分計を買った(簡易水分計)。
水分計とは文字通りどれくらいの水分量を含んでいるかを測定する機器だ。木材、紙、穀類、土壌、生コンなど、さまざまな分野に水分計があるらしい。例えば建築では建材を測定するほか、雨漏りのあった石膏ボードとか、湿気の溜まる腐れの場所の発見とか、そんな実用的な使い方もあるという。
そして当然、薪に含まれる水分量が測定できる。薪ストーブユーザーの私にはうってつけの機器だ。
ネットの安売りは標準価格の半額。安すぎてやや不安もあるがもともと簡易水分計だ。目安になればそれでいいと割り切る。
商品説明ではプロ用の高精度水分計だそうだ。2ピンの電気抵抗式センサーを木材に軽く突き刺すと水分量の数値がLCD画面にバーグラフで表示される。
詳細はこちら。
http://www.mksci.com/ev/dt123.html
表示が楽しみだ。

コメント

  1. northin より:

    水分計、買われたんですね
    これで薪を見るの楽しみですね
    僕も結果が気になります