小割の方が暖かい

「薪は小割の方が暖かい」。
なあんて話を書くのだが早トチリしないでお願いしたい。
私の家族は「焚きつけ」と「薪の追加」はするが、肝心の「温度をあげて暖かく焚く」ことができないでいた。薪を入れる量が少ないし、始めから大きな薪を入れ過ぎなのだ。空気も早い段階で絞り過ぎ。ダンパーを閉めるのも早過ぎる。火は絶やしていないが暖かくはならない。昨年の私もそうだったし、じきに覚えるだろうと思っていたが、さすがに初雪の舞う頃になるとそうもいってられない。私が帰宅すると18度くらいの室温で夕食をとってたりする。寒いだろうがっ!
そういうわけで、焚きつけてからの最初の2~3時間をもっと暖かく焚けるよう、「薪は小割の方が暖かい」と教えることにした。最初のうちは大きな薪でなく小割を多用してくれ、ってことだ。
この「薪は小割の方が暖かい」という呪文がうちの家族には一番効果があった(笑)。以前よりずいぶんよく焚いてくれるようになった。
夜、私が帰宅すると小割が燃えて熾きがたくさんできて本体が暖まっている。室温はまだ十分でないがこれならすぐに大きな薪で焚き上げることができる。
しかし「小割の方が暖かい」ではおかしな話で、じゃあ大割なら寒いのかってツッコミはなしだよ(笑)。あくまで慣れてない人への対処方法。なかなか暖かく焚けないなら、まず小割からよーく焚いて火力をあげていこう、というだけの話だ。「熾きをつくる」と内容は同じ。そうして本体も温まり熾きもできたら、そこから大きめの薪を追加してがつんと温度を上げるんだ。

コメント

  1. kaomiha より:

    ご意見に賛成です。でも、室内温度は28度くらいになり、
    家族は温度が高くならないように、ちろちろ燃えるように
    大きなまきを少なく入れます。そのためおきがなくなり
    大きなまきが黒くぶすぶすと燃える構造となります。
    こまめに、おきがあるうちに、くすぶらないような比較的
    小さなまきを入れ続けると室温が上がり続けるのは
    仕方ないと思います。うちではみんな半そでで過ごして
    暑い、物が腐るとぶーぶー言っています。

  2. encored管理人 より:

    kaomihaさん、こんばんわ。
    うらやましい、住宅の断熱と空間の広さはどれくらいなんですか?
    焚くと温度が上がり続けるのは断熱が良いのでしょうね。
    明日の朝、私の街は今冬初めての氷点下になりそうな勢いですが、
    今夜、室温が24度を超えたのはほんの1時間ほどでした。
    焚いたのは主力のナラじゃなかったとはいえ軽く悔しがっております。

  3. northin より:

    一升瓶ぐらいの薪は寝るときに入れるぐらいです
    普段はペットボトルぐらいのを使っています
    どれぐらいの薪の太さが理想なんですか?

  4. encored管理人 より:

    nothinさん、こんにちは。
    さあて?理想はどうなんでしょうか??
    上手な人が焚いているのを一度見てみたいですね。
    私、他人が焚いているの見たこと無いんですよ。
    誰かに実演してもらったこともないので完全自己流です(笑)。

  5. northin より:

    僕も自己流ですよ
    これでいいのかなぁと思って焚いています
    あとは色々な人のブログで勉強して
    わからないことは聞いたりです
    encoredさんのプログはとても参考になります
    ありがとうございます