大割の薪を詰め込む

2年目の今シーズンは少しは慣れて暖かく焚ける、と書いてきたが、しかししかし、まもなくやってくるマイナス15度の朝や、日中の最高気温がマイナスの厳冬期に比べればこの11月の寒さなど慣らし焚きにすぎない。
その厳冬期を2年目こそは暖かく暮らせるのか??実は不安である。やってみないとまだわからない。
その全開モードのガンガン焚きを試す時が来た。
今冬はじめてのマイナス3度の朝。不意をつかれて室温24度にしかならないのが悔しすぎる。家族にフリースを着させてしまった。
今年考えているのは大割の薪を詰め込む作戦だ。アンコールの場合、大量の薪を投入しても大丈夫と聞く。薪がつっかえてグリドルが閉まらないくらい、ダンパーが押されて閉まらないくらい、薪を炉内の隙間いっぱいに詰め込むのだ。大割は2コか3コで限界。あとは隙間の空間に合うサイズの薪をどんどん詰め込んでいく。正面から見ると炉内は薪でいっぱい。上部に空間はない。
昨年も似たようなことは試したが、特別寒い夜に朝までトロトロくすぶらせるためで、団欒時にガンガンに焚き上げるためではなかった。今年は小割や中割で十分に焚き上げた後で大割を詰め込み、ますます燃え盛るあたりでグッと空気調整レバーを絞る。

こうして焚く熱量はハンパじゃない。もの凄い熱の塊がそこにあり、大人の私も近寄りがたいほどだ。
スロートフードの棒が赤熱しているのが垣間見える。オイオイ大丈夫だろうか?コンバスターは?本体は?こりゃ来年のメンテナンスは恐ろしいことになるぞ(笑)。だが煙突の根元に置いた温度計は340~350度。普段よりいくぶん高めかなという程度なのは意外。
もう少し効率的な焚き方があるだろうと思う。これも試行錯誤の通過点。とにかく暖かくなけりゃ話にならない。室温は27度を越えてまだまだ上がる気配。これならイケるかな?
(焚き過ぎには注意しましょう)
(この機種は触媒つきアンコールです。機種によっては危険とのこと。)


追記だ。
5年目となって振り返ると、この記事のような焚き方はアンコールの破壊実験のようなもの。真似をしないよう。こんな焚き方をしなくったって適度に焚けばアンコールは暖かい。2年目のこの頃、すでにコンバスターもバキバキ、アッパーファーヤーバックも歪んでいた可能性が高い。

コメント

  1. kaomiha より:

    温度計を置く部分によって温度が違うと思います。
    また、温度計にも個体差があるのではないかと思います。
    煙突の根本で350度なら、トップの鉄板は何度だったのでしょうか?
    私はダッチウエストのコンベンクショナルですが、トップに内蔵されている
    温度計が700度(摂氏)でもその横に置いた市販の温度計は
    300度くらいを示しています。内蔵温度計は先端がストーブの中に潜って取れません。
    その分内部の温度に敏感だとは思うのですが、大きな温度差が不思議で仕方ありません。いったいどちらが本当の温度なのか?

  2. Gfish より:

    内蔵されている温度計は炉内の温度を示しているんじゃありませんでしたか?
    炉内なら700℃くらいは当たり前だと思いますし、その時トップの温度が300℃なのも、これまた当たり前な気がします。
    煙突とトップの温度だと、それほど差はないのでは?

  3. northin より:

    マイナス15度だと薪ストーブが大活躍ですね
    炉内いっぱいに詰め込んでも
    この燃え方、乾燥のいい薪は違いますね
    うちの薪は乾燥が甘いので
    燃えがいまいちです