洗濯物がよく乾く

我が家では吹き抜けの一部をスノコ状にして、冬の間はそこで洗濯物を干している。家づくりの段階からこの干し方は決まっていた。
「薪ストーブを入れて良かったって一番実感する瞬間は、冬場の洗濯物かもしれないよ」
なんて、家事がたいへんな奥さんを喜ばせようと設計段階によく話したものだ。
それまでは冬場は2日干してもなかなか乾かなかった。乾いていていいはずなのにいつまでも湿った感じがする。石油ストーブの上に吊るしたりコタツの中に入れておいたり、子供の登校に間に合わないのでドライヤーまで出てきてゴーゴーと、毎日毎日洗濯物と格闘していた。狭い家はもっと狭くなるし、結露はますますヒドく、結構なストレスだったものだ。
今では薪ストーブのおかげで洗濯物が実によく乾く。夜干せば朝には乾いてるし、朝干せば夕方には乾いてる。それも太陽にあたったようにパリッパリだ。気持ちいいっ!
子供たちがどんな雪まみれで帰って来ようとも問題ない。以前の暮らしのような、洗濯物のストレスは完全に解消した。
過乾燥対策にもなるし、薪ストーブを利用して洗濯物を楽に干す方法は最初から設計に入れておくのがいいね。
奥さまも喜んでくれること間違いなしだ。

コメント

  1. 路進 より:

    我が家も吹き抜けにしてファミリースペースなるものを作ったが、結果は洗濯物干し場となっている。ここが家中で一番暖かく、乾燥する。だから雨の日は少々暖かい日でも火を入れなくてはならない?。さすがに梅雨時が一番困る。

  2. gokamo より:

    うちも、けして最初から洗濯干しのスペースとして設けた場所ではない所が、今は貴重なスペースとして有効利用されています。これがなかったら大変でした。

  3. northin より:

    うちも洗濯物を乾かしていますよ
    でも場所が今はスペースルームだけど
    そう少ししたら子供部屋になるところです
    設計段階から予定していなかったので
    子供部屋になったあとは
    どこに干すかを考えなくては

  4. encored管理人 より:

    これから設計する人にはオススメですね。
    うちの洗濯機には乾燥機能もあるけれど、使ったのは買った日の一回きり。
    薪ストーブに勝る乾燥機はありませんね。