2年目のチェンソー

これはよくある話なんだろうか?
久しぶりにチェンソーの準備をしようとして、燃料タンクとオイルタンクを間違えて逆に入れてしまった(笑)。

何度スタータを引いてもウンともスンとも言わない。
おかしいなと思ったら、そうだ、逆じゃないか。燃料タンクにチェンオイルを、そしてオイルタンクに混合ガソリンを入れてしまった。
げげっ。しまった、久しぶりでうっかりした。こういう時はどうするんだ??
とにかくチェンソーを逆さにして全部抜いて、やることといえば洗浄だろう。燃料タンクに混合ガソリンを少し入れて振っては捨てる。オイルタンクもチェンオイルで同様に、これを3度くり返した。チェンオイルは粘りがあってなかなかしつこい。
改めて始動させたところ、今までにない白煙を上げてエンジンが回る。ブルッブルッと妙な振動もする。大丈夫か?こんなことで死なないでくれよ(笑)
チェンソー歴はまだ2年目。
少しは慣れたつもりになっていたが、危険な道具なんだから「慣れ」が一番いけないね。
安全、確実。
今年も気をつけていこうと思ったわけです。

コメント

  1. northin より:

    見た目が同じなので間違えてしまいますね
    プラグの掃除はしなくて大丈夫でしたか?
    白煙を上げてエンジンが回っているのだったら
    去年のガソリンが残っていたのでは
    無事エンジンがかかってよかったですね

  2. encored管理人 より:

    northinさん、
    間違えようのない給油なんでけどね(笑)
    プラグとエアクリーナーは掃除しました。
    昨年の11月の玉切り以来です。
    こんなに長い間使用しないつもりはなかったので
    いつでも臨戦態勢で(笑)燃料も抜かないでおいたのです。
    今は無事エンジンが回ります。
    良かった。

  3. かわはら より:

    はじめまして。私も同じチェーンソーを使っています。それぞれの注入口の上の方にイラスト(アイコン)がありますね。チェーンオイルの方にはチェーンとオイルの印が、燃料の方には混合燃料の印がありますので、確認すると間違えないです。

  4. encored管理人 より:

    かわはらさん、はじめまして。
    そうですね、あの絵を見て間違いに気づいた次第です(笑)
    同じカーツポーランですね。
    これしか知らないのですが不足なく使ってます。