シーズン2 薪づくり・薪のこと

原木の購入2

薪は自分で伐り出したり、集めてきたりすれば最も安上がりとなる。実際そうして頑張る人は多いし、望めばふんだんに手に入る環境の人もいて羨ましい限りだ。
私もせっせと自力で集めるが確実なルートを持っているわけじゃない。良い情報は予告なくいつも不定期だし樹種も量も状態も選べない。計算が立たないのだ。
やはりナラをメインとして上質の薪を安定して計画的に準備するには、一定量の原木購入が必要なんだな。


というわけで、この春、原木6トンの購入だ。
6トンの理由は次の冬に焚く必要量というわけじゃなく、ゴールデンウィークにかけて作業するにはこれくらいがいいだろう、という作業量でのこと。いずれにしろ今およそ10立米の乾燥薪のストックがあるから、次の3年目後半と4年目にかけて焚くことになるだろう6トンだ。
早速玉切り開始。
1日目午後3トン、
2日目午後2トン、
後日 1トン、
こんなペースで玉切り終了。
いやあ楽しい。玉切りは大好きだ。好きでたまらないものだからいつも一気に作業してしまう。
このあと斧で割って、クルマで20分の薪置き場へ運んで薪棚に積むわけだ。
こうして上質のナラを確保しつつ、自力でやる不定期の薪集めを楽しむ。そんなペースが私には丁度いいかも。

PREV
ファイヤースクリーン 2007-4-23
NEXT
薪割り1 2007-5-1