三方六

北海道の銘菓「三方六」。白樺の薪のカタチをしたバウムクーヘンだ。木肌も年輪もそれらしく、ついてくるナイフもノコギリというお遊び。薪ストーブユーザーにはなかなか楽しいお菓子だ(笑)。
「三方六」という言葉に惹かれて購入してみたところなかなか美味しく家族にも好評、誰かに贈っても薪の話題に花が咲くこと請け合いだ。


「三方六」とは昔の北海道開拓時代の薪の割り方の基準で、木口の3辺がそれぞれ6寸(18cm)と決まっていたので三方六と呼ばれたらしい。
つまり直径36cmを超える大径の木でないと薪としては規格外。しかも薪の長さは二尺二寸!(66cm)。そんな三方六のデカイ薪を当時の炉やストーブに3本4本入れて家族が暖をとっていたというのだからストーブもデカイし、さすが北海道開拓時代、スケールが違う。
気になるのは乾燥のことだが、三方六が成立していたのだから1辺が18cmサイズでも乾燥に問題はないということか。
でも当時と現代は違う。ストーブの性能も大きさも、第一そんな大径のナラがそう手に入るもんじゃない。
アンコールの生まれ故郷である北米のサイトには、薪は1辺が3インチ(7.6cm)から6インチ(15cm)のサイズで割れ、8インチ(20cm)は超えるな、という記述を目にする。つまり普通に割る薪は「三方五」あたりが最大というわけで、「三方六」はデカいがお好みで許容範囲、といったところだろうか。
・・・私の個人的な解釈だからあまり真に受けないように。
薪を割るなら「三方五」。
贈るなら銘菓「三方六」。
薪ストーブユーザー御用達といこう。

柳月「三方六」

コメント

  1. 三方六の両端の切れ端が 1キロ入りで780円で売られています
    何所でも売っているわけでは、無く  
    マニアの店に並んでいます
    我が家は、この切れ端専門です
    まさしく 帯広市の柳月さんの お菓子なので地元です
    無論味は、一緒です 薪の端材を有難く焚くのと同様ですね(^m^)

  2. cookie より:

    北米での「8インチ(20cm)は超えるな」とは、一年での乾燥を考えての事なのでしょうか?薪ストーブに入らないかでしょうか? 大きい薪って朝までのおきを残したい時のどは、心強いですよね! それにしても、管理人さんの知識にはいつも驚きます。

  3. 年寄りに聞いたところ 確かに有ったらしいです
    でも長い薪を半分に切って使っていた様で 30センチ
    前後の物が流通していたようです
    今でこそ唐松人工林ばかりでしたが 元々雑木の原始林
    だったので楢やらタモ、柏など太い物は、海外に家具材で
    輸出していた時代もあったようです
    以前は、薪文化がありましたが 最近の住宅は、オール電化住宅です(-_-メ)

  4. encored管理人 より:

    神森@バルーン野郎さん、
    三方六を焚いた人がいらっしゃるのですね!スゴいなあ。
    貴重な話をありがとうございます。
    日本でのストーブを調べていくと必ず北海道に辿り着くんです。
    ストーブの歴史そのものですね。
    検索、そして本も少ないですが探して楽しく読んでます。
    そんな開拓時代の薪文化に思いを馳せるのが三方六のお菓子というわけで、
    ますます三方六が好きになります。
    cookieさん、
    8インチの根拠はわからないんです。何で7でも9でもなく8インチなんだろう?
    よく乾燥させれば重宝することは間違いないですよね。
    まあ、私の知識なんて怪しいもので、話半分でお願いします。
    何十年も焚いて年寄りになった頃なら少しは語れましょうが(笑)