雨ざらしの長さ2

40日目の雨ざらしの薪だ。
見た目だけでいえば好みの分かれるところだろうね。
これを眺めていて思うのは、雨ざらしによって薪の中の何が失われているのだろう?ということだ。
「油分が抜ける」とよく表現されるように、溶け出したり流れたりして失われている成分があるはずで、それが過ぎると火力に影響する、というのならば、いよいよ雨ざらしはほどほどでなくちゃいけない。
木の主成分はセルロース、ヘミセルロース、リグニン。これらが約90%以上を占めている。
残りの数パーセントが副成分で、樹脂や木の匂いの元となる成分やデンプンなどの糖分、カリウムなどの無機質など(全部を列記しないが)さまざまな物質が含まれているらしい。木の生々しさというか特性や個性にも関係する部分で、雨ざらしで流れるとすればこの副成分のことだよね。そもそも木は雨の日は葉っぱの細胞の弁を閉じて養分や成分が流れるのを防いでいるらしい。
また、ある興味深い記述があって、ナラ、特にクヌギはカリウムの含有量がとても多く、それが燃焼に作用して火力や火持ちに優れるのだという。そのカリウムも一般論でいえば水に溶けて流れる。
とするなら極端にいえば、雨に濡らさず成分を落とさず、割ってすぐ薪棚に保管して、乾燥しにくい分はキッチリ2年以上の時間をかけてやるのが火力の強い最高の薪をつくる一番の方法だ、という言い方ができてしまう。
「雨ざらしは乾燥に良い」
その一方で、
「雨ざらしは火力を落とす」
と考えるなら、
ちょうど良い答えはどのあたりにあるのだろう。割った直後に適度に雨ざらしにして、その後は濡らさず保管する。。。さて?

コメント

  1. 確かに雨曝しの薪は、見栄えは悪いですが
    この後乾くんですよね・・・・・・
    売り物の薪には、ならないけど 別に売る訳でなかったら
    乾燥が良いに越した事がないので この後の経過が楽しみです
    確かに木には、糖分もあるので黴の生えやすい条件が重なると
    黴が生えますよね
    また 樹種によって タンニンが多く含まれるものは、雨が
    あたると黒くなるのは、仕方ないですね
    でも此れは、表面的な物で内部は、割ったら綺麗ですよ

  2. nnishi@小樽 より:

    おそくなりましたが、私のサイトで雨ざらし実験9ヶ月間の結果を
    公表しました。記事の中には、こちらのサイトときこりんさんのサイトを
    紹介させていただきました。
    樹種による雨ざらし効果の差があり、栗は雨ざらしにするしないで
    元の重さの62.2%対55.5%と10%も重量が変わりました。
    その反面、ニセアカシアは効果が小さく1%程度で、斧でひと割り
    加えるほうが、雨ざらしをするよりも良く乾燥する事も書いておきました。
    肝心の雨ざらし期間は秋の1か月間、その後の乾燥期間は秋から初夏の8か月です。
    小樽は今年は梅雨らしきものもなく雨が少なく、薪の乾燥には向いている
    ようです。木口の導管ですが、効果の大きかった栗は導管がほとんど
    見えませんでした。
    奥が深いです。