シーズン3 薪づくり・薪のこと

薪棚まで49歩



「薪の運搬」で書いた通り、我が家は少し高台にある。
路上に止めた軽トラからどっこいしょと薪を背負って、この階段を運び上げているのだ。
薪棚まで49歩。
うち階段が20歩。
軽トラ満載の1.2立米ほどの薪を運び上げるのに1時間は必要とする。往復すること30回か、40回か、50回か?そのうちただ無心になって最後まで数えられた試しがない(笑)
シーズン中は12立米とも、15立米とも薪を焚く。クレーンとか、滑車とか、スロープとか、あれこれ機械じかけに苦心はするのだが、結局は一輪車さえ使う余地がなく、我が家の住宅事情では人力あるのみ。
いつまでできるかな?
先のことはわからない。
唯一、軽トラを横付けできるのが車庫の薪棚だ。
自分が荷台に乗ったままドンドンと積み上げていける。薪棚まで0歩。これが一番。


一目瞭然。
これから薪ストーブの導入を考える人は、事情が許す限り軽トラが横付けできる位置の薪棚計画をオススメする。購入して運んでもらうにしろ、自分で作って積むにしろ、真面目に検討した方がよろしい。

PREV
平衡含水率 2007-10-3
NEXT
薪の重さを量る4 2007-10-14