18kgの薪

仕様によるとアンコールの燃料容量は18kg。
最大で18kgの薪が入る、、、18kgの薪を入れてもOK。
そう解釈できる。
18kgの薪とはいったいどれだけだ?
試しにナラばかりで18kgを並べてみた。

18kgとはこれだけの量を一度に入れるということだ。
私は厳冬期に特別たくさん入れたとしてもおそらくこの3分の2、たぶん最大で12kgほどじゃなかろうか。
薪が多すぎてかえって燃焼効率が悪かったり、コンバスターに悪い影響があるのでは?と思っていたが、仕様ではまだまだ入るということになる。
ファイヤーサイドのサイトの記載を確かめると、
「長さ50cmまでの薪が一度にたくさん入り、連続9時間の燃焼が可能です。」
「たくさんの薪が一度に入り、一回の補充で長時間燃焼させることができます。」
明らかに、たくさん薪が入るから長時間燃焼する、と読める。さらに、
「最大燃焼時間とは、最大燃料容量の薪が燃費運転されたときに何時間燃焼されるのかという値」と明記してあるから、アンコールの最大燃焼時間約9時間は18kgもの薪で行った燃焼実験ということになる。
今更ながらだが、最大18kgまでの薪給はアンコールの仕様にそっており、推奨するかどうかはともかく、また本当に18kgが入るかどうかはともかく、少なくとも設計上は禁止行為ではないのだ。というのがこの記事の解釈。
一度の補給で何時間もゆっくりと。同じ出力で快適に。
アンコールはそんな焚き方ができるというわけなんだな。
あくまで私の解釈だから鵜呑みにしないよう。
仮にそうであったとしても、より少ない薪で満足した暖かさが得られるならそれに越したことはない。

コメント

  1. ユーザー より:

    こんにちは。
    いつも楽しく拝見させていただいています。
    仕様書に、アンダイアンを超えないようにとも書いてあったと思います。
    私の場合ですが、大量に入れると、薪の底辺が、アンダイアンのトップ超えるときが多々有り、
    長時間燃焼が出来ずにいます。燃焼時間は、薪の種類、乾燥度にもよるのでしょうが・・・。
    この18㎏の薪を入れたとすると、アンダイアンとの関係はどのくらいになるのでしょうかねぇ。

  2. encored管理人 より:

    そうです。取扱説明書に
    「薪を一杯に詰めるな、薪がアンダイアンより上になるな」とあります。
    でもそれじゃ薪が少ししか入らない。おかげで3年間悩みました(笑)
    この矛盾をわかりやすく改めてもらいたいものですが、下の図を見るとけっこう薪が入っています。
    ・ファイヤーサイドの現行カタログのイラストより
    http://is-firewood-burning.com/wp-content/uploads/img/2008021902.jpg
    ・アンコール前モデルの英文マニュアルの図解より
    http://is-firewood-burning.com/wp-content/uploads/img/2008021901.jpg
    これが普通で、全然いけないことではない。私はそう解釈することにしました。
    18kgの薪を入れようとしたら、フロントドアを開けて灰も熾きも落ちてこないようなレベルからでないと、とても入らない気がします。

  3. nnishi@小樽 より:

    最長燃焼時間はかならずしも最大薪容積では無い気がします。
    、、、重さ18キロの巨大玉切り一本!(笑)
    これなら薪の底面はアンダイアンを超えません。
    冗談。
    実際はずっと少ない薪で12時間くらい燃えている気がします。
    本体は100度くらいに下がりますけれど。

  4. encored管理人 より:

    いつもありがとうございます。
    そうです、うっかり触れたのはカタログ値の話ですね。
    ファイヤーサイドのサイトにあります。
    「この数値(最大燃焼時間)は ~中略~ 先にご説明した最大燃料容量の薪(つまり18kg)が燃費運転されたときに何時間燃焼されるのかという値です。」
    http://www.firesidestove.com/old/learn/primer1_3.html
    カタログの約9時間(10時間)は18kgの薪による燃焼実験なんだというわけで、
    だからたくさんの薪給は仕様にそっているし別に禁止行為ではないんじゃないか
    ということが書きたかったわけです。
    ところで、「薪を一杯に詰めるな、薪がアンダイアンより上になるな」
    という取説の記述はどう思いますか?
    たぶんそんなに薪を入れて焚いてらっしゃらないと思いますが。。。
    1年目から本当にこの記述の矛盾に悩んでたんです(笑)

  5. nnishi@小樽 より:

    コメントをいただいておきながら遅くなりましたが、薪の最大量で
    燃費運転をすると最長時間というのは考えればリーズナブルですね。
    燃費優先の(火勢を削いだ)運転ですものね。
    さて、私はこの「薪を一杯に詰めるな、薪がアンダイアンより上になるな」
    という取説の記述について、ちょっと疑問に思っています。
    英語マニュアルにはこの記述はないように見えます。乾燥し過ぎの薪は
    過剰に燃焼するのでフルに詰め込むなという記述はあります。
    しかし、英語のpdfマニュアルをandironで検索しても、
    それを超えるなという記述はありませんでした。
    逆に購入時についてきた、ファイヤーサイド株式会社の
    薄い緑灰色のA4版15ページの冊子の9ページには
    「HINT! 長時間燃焼させるには…
    薪を炉室一杯に補充します。その際、薪と薪の隙間を開けないよう、
    平行に積みます。」と書いて有り、ここにもアイダイアンを超えないように
    という記述がありません。
    手元にある取説は、この2つの他に販売店かファイヤーサイドが
    作った10ページのB5版の手書きのものがあります。ここにも件の
    記述は見つかりませんでした。
    そうすると、この記述「薪を一杯に詰めるな、薪がアンダイアンより上になるな」
    の由来について、ちょっと考える必要があるのではないか、と思います。
    御手元の取説はどのようなものか、御紹介いただけませんか?
    私自身は夜間蓄熱式電気床暖との併用なので、夜間の長時間燃焼は
    あまり目指していません。炉室一杯に詰め込んだ経験もないのです。
    アンコールは8インチ煙突とファイアスクリーンをすれば
    フロントドアを開けて焚いても良い事になっているので、
    そういう特殊な場合には薪の詰め過ぎは要注意だと思います。
    しかし、ドアを閉めた燃焼ではコントロールが効いて過剰燃焼に
    ならないでしょうし、薪が転がった位で、衝撃でガラスが
    割れるとも思えません。

  6. encored管理人 より:

    いつも良いヒントを有り難うございます。
    アンコールユーザーはみんな購入時に同じ取説を手にしているとばかり。。。。
    私はnnishi@小樽さんの言う2つの冊子は知りません。
    英文マニュアルは米国サイトでも公開されてますし同じだと思います。
    私の持っている取説はA4版で全47ページ。巻末の版表示はSN-04.10.500
    「薪を一杯に詰めるな、薪がアンダイアンより上になるな」はこちらです。
    http://is-firewood-burning.com/wp-content/uploads/img/20080315.html

  7. nnishi@小樽 より:

    私のは平成12年10月購入で、マニュアルはファイヤーサイドから
    出ています。SNから始まる数字はついていません。明らかに2種類あるのですね。
    最新の英語版にもない、薪は一杯に詰めずアンダイアンの下にという
    文言は、、、焚き過ぎて壊す人でもいたのでしょうかね。