4年目の仕切り直し

また、ヤッテしまった。
シーズン4(2008年の冬)を前に、この夏におこなったアンコールのメンテナンス。写真の通り、コンバスターがたった1年でバキバキだ。
他にも、二次燃焼ボックス、アッパーファイヤーバック、こちらもたった3年で交換だ。スロートフードも二次燃焼サーモスタッドも交換。
つまりわずか3年で私のアンコールは「二次燃焼のしくみをほぼ総取り替え」である。残ったのはロアーファイヤーバックだけ。コンバスターに至っては3年で2回も交換することになる。

他のアンコールユーザーには、私と同じ傾向の人もいれば、5年過ぎてもなんら交換する必要のない人もいる(らしい)。
この差はなんなんだろう?
「アンコール(触媒機の場合)はメンテナンスがかかる」
ということを知らずに導入する人は少ないと思うが、中には私のように速いペースで交換する人もいる、ということは知識として知っておいていいかもね。
それにはたぶん理由があるのであって、まあ、シーズン4で確かめながらいずれ書いていこう。
だからといって、私はアンコールの評価や抜群の性能に疑いを持つものじゃあない。
むしろ、ベストというか、正しい状態の部品を使い、本来設計された初期状態のセッティングで焚くなら、アンコール(触媒機)がいかにあったかくて薪の消費が少なく、一定の温度を維持して賢く長く燃えるかがわかる。
やはりアンコールの触媒機は世界に比類なき名機。愛すべき、私の薪ストーブだ。
のっけから世迷い言か?(笑)
で始まったシーズン4は、主要なところを総取り替えして快調そのもの。
状態はベストの初期状態に近い。仕切り直しだ。
私も少しは経験を積んだ。薪もふんだんにある。煙突掃除もバッチリ。
「あったかい・・・・」
家族は今夜もいつものようにアンコールに集まってくる。
楽しい、暖かい、シーズンのはじまりです。

コメント

  1. うむラン より:

    いよっ待ってました!
    シーズン4!
    因みに我が家は今年シーズン3
    年々薪ストーブのある生活が普通になって来ました。
    今シーズンもよろしくです。

  2. 紺ちゃん より:

    初めまして。
    イントレピッドⅡを使っております新米です。
    「触媒機の場合はメンテナンスがかかる」を
    知らずに導入しました。(爆笑)
    ちょうど触媒のメンテナンスをしたばかりでしたので
    非常に参考になりました。
    今度ともよろしく御指南ください。
    突然のコメント失礼いたしました。

  3. 新さん@堀金村 より:

    イントレピッドⅡを今年導入した新米です。
    ストーブ導入にあたってはこの「薪ストーブは燃えているか」を
    熟読、ついに同じ赤を買いました。
    薪の購入、薪割り、雨ざらし、薪小屋など
    大変参考になりました。ありがとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

  4. きょう より:

    お久しぶりです、ブログの再開楽しみにしておりました。
    そちらは、もうストーブ焚かれているのですね(^_^)/
    こちらはあと半月ぐらいはストーブ無しでも過ごせそうです。
    今週末にはメンテナンスをしなければと思っています。

  5. nnishi@小樽 より:

    北海道は、急に寒くなったので、もう毎日焚いています。
    コンバスターは8年目に入り破損していませんが、
    私の友人もencoredさんと同じくほとんど毎年破損して
    交換しています。今年は二次燃焼室の交換したばかりの
    セラミックボックスの、コンバスターをおさめる部分の両脇が、
    コンバスターの枠で押されて破損したそうです。
    コンバスターの出来が最近悪いのではないかと考える
    今日このごろです。
    逆に私のコンバスターがとっくに能力を失って「発熱していない」
    ために壊れないのかもしれず、今年は触媒の再生にチャレンジ中です。
    酢で煮るのです。

  6. encored管理人 より:

    日本ではコンバスターの信頼性(耐久性)に少々不満があるのだが、焚き方が悪いと言われればその通りだが、ユーザーとはいろんな条件で使うもので、早く壊れる条件は何んなのだ?見解を教えてくれ。
    という主旨を英文でメーカーに送るのですが、2週間以上するが返事が来ない。
    英語がブロークンのせいでしょうか?(笑)
    誰かよろしくお願いします。