シーズン4 薪ストーブ

デジタル温度計3


シーズン4で私が注目しているのが
「デジタル温度計2」だ。
二次燃焼室の温度がデジタル表示できる。
その数値の信頼性は素人が一般家庭ですることだから正確なデータとは言えないだろうが、それでも日々の経験則でかなりの目安になるはずだ。
コンバスターをバキバキに壊す私が、シーズンを通して二次燃焼室がどんな温度になっているか。その時の室温との暖かさの満足度の関係。一番効率的な焚き方を私なりに探ってみたい。そのあたりにシーズン4は期待しているんだな。


イラストの図はアンコール(触媒機)ユーザーならわかるだろう。二次燃焼空気のサーモスタッドと一緒に温度計のプローブを挿入してある。コンバスターの直下、20cmあたりか。紛れもない二次燃焼室の温度といっていいだろう。
本格的な厳冬期にはまだ遠い、ちなみに11月のはじめ(最低気温が2度ほど)、家をぽっかぽかに暖めてくれていた巡航運転の時の温度が下の写真の通りだ。
グリドルの表面温度は250度以下なのに、二次燃焼室は724度もある。



さすが仕切直して総取り替えした二次燃焼室だから、その性能をいかんなく発揮していると喜ぶこともできるが、
一方でこのこと自体、私のアンコールは二次燃焼室が高温になりすぎる傾向があるんじゃないか?とも勘ぐれる。だからこの調子で厳冬期になったら1000度に達してコンバスターを壊すのか?
このあたり、シーズン4で確かめてみたいところだ。

PREV
煙突掃除が甘い2 2008-10-28
NEXT
デジタル温度計4 2008-11-8