シーズン5 薪づくり・薪のこと

薪割り5年

薪を割って5年。まだまだ5年。
今年もふうふう言って、脇目もふらず、一心不乱に、斧を振ってます。
薪割りをする時は一人きりで、誰かと話すとか笑うとか、面白いことなどなにもないのに楽しくて仕方ありません。2時間もぶっ通しで斧を振っていれば足がおぼつかなくなってきて、頭ではそろそろ休憩だと斧を置こうとするのに、手は次の玉を薪割り台に立ててしまってます。「これを割ったら休もう」、そんなことをくり返しているうち3時間も薪割りを続けて、割った薪は山のように積み上がっていきます。すると嬉しくてますます止められなくなってさらに薪割りが続きます。
そろそろ日も暮れてきて手袋の中で手の皮が剥けているのに気がついて、それはマメが少し破れた程度なんだけれども、痛かったのはこのせいか、なんてやっと笑います。
ただの勤め人のヤワな体は鍛えられるどころか、夜は自宅の階段を這いずるように登り、朝はきしむ体でようやく降りてきます(笑)。
20年、30年たっても薪割りをしているとしたら、それはどんな境地だろう。
工夫するキリギリスは先のことをすぐに見たがるけれど、別に薪割り機だって構わない。あるのなら早く見てみたいものです。

PREV
5年目のチェンソー 2010-5-10
NEXT
電動薪割機1 2010-5-15