電動薪割機3

4トンの電動薪割機(ナカトミのLS-52HS)。私は図のように手を添えて刃の当たる位置を決め、思う通りの薪をつくる。実はここにメーカーから見れば禁止行為がある。「作動中は薪に手を添えては危ない」ということなんだな。
たしかに自分の子どもには薪を乗せたら後方(B)に下がってレバーを押すだけにしろと教える。大人だってうっかり失敗したら指の骨は一瞬で砕けて切断。皮だけでぶら下がってるって恐ろしいことになるからね。
図解した手前、律儀に注意喚起をしておこう。
さて本題だ。
電動薪割機の弱点は何か。斧で割る楽しさがない、割れない、時間がかかる。ではせめて、私はこう考えた。
まず玉は斧で半割にする。私が言うのは25cm、30cm、40cm級の玉だ。片っ端から半割にする。ど真ん中にめいっぱい打ち込む薪割りの一番楽しいところを存分に味わう。
その半割が山のようになったところで薪割機にかけるのだ。半割だから重量が2分の1。それでもまだ大きければ4分の1まで割ってもいい。断然、扱いやすく、持ち上げるのに立ったり座ったりがなくなって、座ったままで薪割機の前(A)にいられる。しかもすでに割れているのだから楽に割れるし、割れ筋を読む必要も少なく、流れ作業的に次から次へとセットしてひたすらに機械が割る。時間のかかるプッシャーの往復が最短の距離で済むよう、(A)に座って次から次へとセットして割っていくのだ。思うよりは意外とはかどるものだよ。

上の写真、イスにして座ってる(A)の切り株がわかるね。
薪割機の定格時間は30分。そのあたりでいったん止めて私はまた薪割りを楽しむ。好きなだけ。5年目の薪づくりはとっても順調だ。

コメント

  1. nnishi@小樽 より:

    お久しぶりです。encore仲間のnnishiです。
    記事を拝見しますと、電動薪割り機もよさそうですね。
    私は大きめに薪を割ることが多いので、乾燥後、使用前に
    半分に割るのを家族に任せたいときに、斧を使わせる
    ことは難しいので、機械が良いかなと考えていたところでした。
    最近、私は電動チェンソーを見直しています。
    非力というイメージもありますが、エンジンチェンソーのときに
    イヤマフをするようにしてから、同じ庭にいる家族の耳は
    どう守ろうと考えるようになり、庭での作業は極力電動で
    行おうと試しています。電動なら、車庫内での作業も
    可能だし、騒音を出す時間帯をあまり気にせずに庭で使えます。
    電線の取り回しと切断能力を今後テストしていきます。
    ストーブの温度測定は安定動作を確認したので、
    熱電対をテスターではなく、専用温度計につなぐようになりました。
    2チャンネル同時表示で$38のを個人輸入しました。
    この夏にはある程度ストーブを分解して、補修・改造箇所を
    探すつもりです。その時はencoredさんと同じく、
    私のも何か隙間がありそうに思うので、バイパスダンパーの
    周囲をよく見ておきます。
    では、また。

  2. encored より:

    こんにちは
    同じアンコール、また貴重なお話をよろしくお願いします。
    私もシーズンオフはじっくり分解してメンテしたいと思ってます。
    まだ焚いてますけどね。
    寒いのがうれしくて仕方ありません。