薪割り6年

薪割りが好きだ。できれば一年中、いつでも薪を割っていたい。
ここはクルマで20分の場所に借りた薪場だが、自分の家の敷地に薪場があったらどんなにステキなことだろう。
朝起きて斧を振り、仕事帰りで斧を振る。
休日の夕方、夕食前の1時間に薪を割る。
日の長い夏の夕暮れ、ほろ酔い加減で薪を割る。
いいよね。
私にとって薪づくりはモノづくりだ。
生産的で創造的で、暮らしを確実に豊かにする。
たぶん私はずっと薪を割るだろう。
60、70歳になった自分が薪ストーブを焚いてる様子が想像できる。
生きていればとか、元気ならば、とか、そんな条件つきでなくハッキリ意識できて疑わないんだな、笑
薪ストーブは燃えているか?、、、燃えるとも。