シーズン6 薪づくり・薪のこと

薪割りの筋肉痛1


以前、コメントで筋肉痛対策を書いてくれた方があった。
薬局で買うクエン酸を数グラム、飲んでから薪割りすると筋肉痛にならないのだとか。ふだんから体を動かしている人には珍しくもない知識のようだ。
クエン酸は、疲れや筋肉痛の原因となる疲労物質(乳酸)を体内に溜まらなくする働きがあり、とにかく酸っぱくて、梅干しやレモンなどに多く含まれている。部活動や大会などで定番の「レモンの輪切りのハチミツづけ」がそれだ。
クエン酸の摂取量はさまざま。
アスリート向けサプリのクエン酸は1回で12gとも15g以上とも。
普通のサプリでは5g~10g程度、
毎日の美容とか健康食品では1日1g~2g程度、などとある。
レモン1個はざっと4gのクエン酸を含み、梅干し1個ではざっと0.5gのクエン酸を含む。もちろん大きさによる。
そしてクエン酸は一度に多く取っても体外に流れていくだけらしい。
このようなことを検索してみると、薪割りをする私の目安はとりあえず5g程度としてみる。ちょうど愛用している泡盛を飲むためのシークワーサージュースが、100mlで5.5gのクエン酸を含んでいる。これでどうだ?。
こうして6年目の薪割りはシークワーサージュースを水で薄めた「シークワーサーウォーター」を持参している。好みでかなり薄めるけれど、水筒でざっと4g~5gのクエン酸を飲みながら薪を割る計算だ。
ところがこれがスゴイ。
酸っぱいので飲めば身体がしゃんとなるような感覚のみならず、薪割りを続けていて疲れる気がしないのだ。何より気力が衰えない。
恐るべしクエン酸パワー。
夜はストレッチを十分にしてまたシークワーサーをジュースやら泡盛やらで飲んで良いベッドで眠る。
6年目の薪割りは今のところ筋肉痛知らずだ、と豪語しておこう。

 

PREV
薪割り6年 2011-5-19
NEXT
薪割りの筋肉痛2 2011-5-23