6年目のソーチェン

私の目立ては手で丸ヤスリだ。30度の目立て角を決めるビデオケースも健在。(「チェンソーの目立て2」
玉切りに行く前は毎回必ず目立てする。たいていは数日前のヒマのある時に済ませておく。デプスも忘れず定期的にやる。刃の食い込みがぜんぜん違うからね。
所詮は素人レベルなんだが目立てすれば真っすぐ切れるしよく切れる。一度新品のソーチェンにつけ替えたけど切れ味はそれほど劇的に向上しなかったから、素人なりにそこそこの目立てはできているんだろう。
2mの原木を45~50cmに玉切りするのに2トンなら2時間くらい。以前はあんなにヒイヒイ言いながら何日もかかっていたのに、最近は拍子抜けするくらい短時間で切ってしまう。玉切りは大好きだ。
6年間で買ったソーチェンは2本。1本を予備、刃が残ってる2本目をメインで使う。よく見ると最初の頃のヘタな目立てのせいで、極端に減ってる刃があったり左右の片側だけ削りすぎるクセがあったり、刃の長さはバラバラ。石に当ててたくさん削った刃もあるから仕方がないが、もちろん刃がなくなるまで使う。私の仕事量だったらまだまだ数年使えるだろう。

6年目で気をつけていることは、
・30度角、
・上刃に意識、
・「削る」と「整える」を使い分ける、
・左右をバランスよく、
・デプスも削る、
そんなところかな。
私のカーツポーランCS220の場合、91VG-56を替え刃にしている。

コメント

  1. I.HIRAO より:

    研究熱心さにはいつも感服しています。以前ステンレスのコンバスターを紹介された時は、早速米国から個人輸入しました。
    さて、ソーチェーンの刃を見させて頂きましたが、刃の大きさがバラバラですね。目立ての方法がまずいとチェーンやエンジンに負担がかかったり、切り口が汚くなったり、事故の原因になったりすることもあるそうです。ソーチェーンの目立ての神様といわれた永戸太郎先生の書かれた「ソーチェーンの正しい目立て」という冊子が、林材業労災防止協会(東京都港区芝5-35-1 電話03-3452-4981)から発行されています。
    この本の通りに目立てをすると文字通り目から鱗の切れ味を経験できると思います。是非入手して試してみてください。
    ps:玉切りについてですが、私も地面に転がしたままやっています。ただ最後反転してからの切断は、小石等をかむことによる刃こぼれをさけるため、最初の切り口をガイドにして下から上に向けて切っています。
    これからもいろいろ試した結果を紹介してください。楽しみにしています。

  2. encored より:

    刃がバラバラとはどういう様子か紹介しました。
    1年目に何も知らずゴリゴリ削りまくった結果です。
    6年目の今はおかげさまで大丈夫です。
    バラバラの刃を整えつつ、
    削る刃がなくなったり、
    目立てても切れなくなったら寿命ですね。
    ステンレスのコンバスターはいかがですか?
    私は試す機会がくる前に、アンコールの場合は廃盤になってしまいました。

  3. I.HIRAO より:

    アンコールの場合は廃盤とのことですが、コンドル社にもないということでしょうか。
    私のストーブはダッチウェストのセコイアです。
    セラミックのコンバスターは仕切りが肉厚なため煙の抜ける面積が小さく、ストーブの温度がかなり高くなるまでダンパーを閉められません。しかしステンレスの方は段ボールの切り口をルグル巻いたような形状で、仕切りも大変薄く抜けが格段によくなりました。そのためより低い温度でダンパーを閉めてもよく燃えるようです。
    ただ穴の数が多い分、目詰まりした灰の掃除が大変でした。セラミックの時は壊さないよう慎重に竹串で穴をつついて掃除していましたが、ステンレスはさすがに壊れる心配がなく、その点は気が楽でした。
    耐久性はまだよく分かりませんが、焚きすぎなければセラミック以上ではないかと思います。