シーズン7 薪ストーブ

耐熱グリス


メンテナンスでやっかいなのが、ネジやナットの固着だよね。
回らない、外せない、ってヤツ。
そんな回らないネジやナットを回す時、定番はCRCだね。呉工業の錆び落とし、潤滑スプレー。
こいつを吹いてしばらく浸透させればたいていは外せる。頑固な時はワイヤーブラシで擦りつつ隙間からこいつを少しでも浸透させて回す。必需品だ。
私も最初の頃は何本かのネジで苦労した。
それ以来、ネジを掃除することと耐熱グリスの塗布は欠かさないようになったよ。
やるのはメンテナンスの時だが、外したネジはCRCを吹いてワイヤーブラシで擦って固着物を取り除き、仕上げに耐熱グリスを塗る。こうしてから元通りに締め直すのだ。
なんとも地味なことだけどね。もちろんネジ穴の方も同様だ。



写真はさてどこのネジでしょう?
アッセンブリで代えるから耐熱グリスも意味ないかも知れないけど、笑。
とにかくアンダイアンもエアープレートもダンパーもアッパーファイヤーバックも、アンコールについてるネジというネジは全部CRCと耐熱グリスだ。
効果はどれくらいかって?
あるのかないのかわからないくらい、普通に外せるってことが効果なんだよきっと。
シリーズ検索用:「シーズン7のメンテナンス」
 

PREV
耐火セメントの除去 2011-8-31
NEXT
ホウロウの補修 2011-9-5