シーズン7 薪ストーブ

バックパネルの取り付け



さてバックパネルの取り付けだ。
セメントが盛られていた様子を観察すると、ご覧のようにボトムには端から端までびっしりセメントが盛られている。相手がホウロウだろうが躊躇なくここはてんこ盛りだ。
バックパネル側もボルトの穴を除いて写真の部分にセメントが盛られていたようだ。当然、押しつぶされてこの面積をカバーする量ってことだ。
レッグとの空間がポッカリ空いている。この隙間は結構大きい。ここは特にてんこ盛りで埋めてやる必要があるだろう。



さあ濡れぞうきんで濡らしながらキレイにしたら、耐火セメントを盛って接着だ。バックパネルはガチガチに固めていいんだから、私はバックパネルにもボトムにもサイドパネルにもそれぞれ盛りまくったよ。
写真はない。初めてだし私もそれなりに没頭したんだな。
バックパネルはボトムに据えてから、本体に押し付けるかたちになる。留意点はないに等しい。作業はシンプル。セメントが足りないと思えば足すし、はみ出し過ぎて見苦しいセメントはパテや濡れぞうきんで拭き取ろう。


写真では仮止めのボルトをしているね。当然アッパーをつける時に抜くことになる。くり返しになるが荷締めベルトで本体を巻いて終止バックパネルを固定するのがよかったね。
シリーズ検索用:「シーズン7のメンテナンス」