シーズン7 薪ストーブ

7年目の慣らし焚き


メンテナンスから2週間したある日、アンコールの慣らし焚きをした。
今回のメンテナンスは大量の耐火セメントを使ったからね。耐火セメントのRUTLANDのサイトにも最初は徐々に温度を上げていくよう書いてある。
慣らし焚きの手順通り、グリドル260度以上にならないようそのまま鎮火させ冷やす。これを3~4回くり返す。この温度上昇と冷却をくり返すことが必要らしい。一晩に2回の慣らし焚きを3日連続、計6回もやったよ。
2回目の時は「ジュウ~~」って水分の蒸発する音がして耳を疑った。
見るとレッグ部分にはみ出したセメントの表面に水分が現れて蒸発していた。これは鋳物を湿らせた程度の水分じゃない。耐火セメントの水分だよ。
なるほど慣らし焚きをして耐火セメントを馴染ませ完全に乾燥&硬化させてメンテナンスは完成ってわけなんだな。

写真ではにじみ出た水分が流れてホウロウ部分に白い跡をつけている。これは乾いたら絶対取れない。よくよくチェックして拭き取らなきゃいけないと思ったね。
それにしても、耐火セメント盛りすぎだって?はみ出しすぎだよ、笑
このあたりスマートに作業するには専門家に及ばないさ。でもフラッシュたいてわざわざ写真で見るから見苦しいけど、ふだんは全然見ることのできない位置だしご愛嬌だ。
その他、ファイバーロープを使ったダンパーやフロントドア、天板など、緩んだりアタリが弱ければ調整する。今のところとくに異常認めず。
この時期、最低気温は10度を下回っているとはいえ朝晩に少し焚く程度。毎日が慣らし焚きのようなものだ。ゆっくり様子を見て行こう。
それにしても、初めての時は儀式くらいにしか思わなかった「慣らし焚き」、7年目でちゃんと体験し直したよ。
 
シリーズ検索用:「シーズン7のメンテナンス」