シーズン1 薪づくり・薪のこと

薪の消費量

薪の消費量について目安を書こう。私が焚いているのは次のような条件だ。
・バーモントキャスティングスのアンコール触媒機。
・24時間焚く。就寝時にも薪を入れて翌朝熾きが残るようにする。
・高気密高断熱ではない普通の木造住宅(48坪)。
・吹き抜けがあり家全体をひとつの空間として薪ストーブ一台で暖める。
・10月中旬から5月まで暖房が必要な雪国。(省エネ基準の地域区分はII地域)
・厳冬期はマイナ10度以下の朝もある。マイナス5~6度は当たり前。
・サクラの開花は4月15日頃。
・補助暖房なし。
・絨毯やカーペットもスリッパもなし。素足で無垢のフローリングに寝っ転がって過ごす。
私はこんな条件で初めてのシーズンを焚いているが想像を超えて薪を消費している。
薪はすべて購入だ(泣)。おまけに自宅の敷地が狭小で薪を一度に置いておく場所がないので、減ったら買い足していく自転車操業状態。
10月に4立米購入。
11月に2立米購入。
12月に3立米購入。
1月に1立米購入。
2月に2立米購入。
今シーズン、ここまででしめて12立米。私の地域では1立米(軽トラ1杯)が18,000円から20,000円で売られている。×12立米だからいくらになるか計算すればわかる(泣)。
もっとも初めてのシーズンで焚き方がまだわかってない。ぜんぜん。試行錯誤だ。
とにかく、初めてのシーズンを過ごしてみた薪の消費量は、2週間で1立米、1ヶ月で2立米、半年なら12立米。大ざっぱにそう捉えていれば間違いなさそうだ。(足りなくなる心配はないという意味)
毎年これだけの薪を準備しなければならないのだ。
ただしくり返すがこれは私の場合だ。
高気密高断熱の魔法瓶な住宅だったり補助暖房と併用したり、あるいは温暖な地域で朝晩だけ焚くならこの半分で済むかもしれない、なんて想像はカンタンにできる。
他人の例を参考にする時は「焚き方」「住宅」「地域」の3つを把握した上で聞かないとまったく比較にならなかったりするから注意が必要だ。


追記だ。
この記事の薪の消費量は、1年目で初心者の私の場合。
その後の「薪の消費量2」でも相変わらず私はたくさん焚いている。
しかし、さらにその後の4年目になる頃には、1年目、2年目の私の消費量は異常だったとわかってきた。


追記だ。
8年目のシーズンを終えたところ。焚き方も定まってきた。1年目の頃のようにやみくもに消費しないようになってきている。焚く時期もシーズンはじめ(10月)と終わり(5月)は「木っ端」や「どんころ」でしか焚かなくなっているし、Tシャツスタイルにこだわらず人並みにフリースも着て靴下も履いて一枚多く着るようになった。
結果、1シーズンで8トンが目安。暖冬だったらもしかしたら8トンを切るかも。寒くて仕方がない年は8トンを越えるから、9トンを用意しておけばまさかの時でも大丈夫。1シーズンの消費量とすれば私の場合はそんなところだ。


追記だ。
上の追記にもあるように、私は薪の消費量についてとにかく8トン、8トンと連呼しているが、9年目で書いた「薪の消費量の把握」の通り、正確には8トンの原木を買って、約5.2トンの乾燥薪をつくっている。
くりかえそう。1シーズン8トンの原木を買うがそれを割って乾燥させれば5.2トン(650束)の薪になるのであって、私は1シーズン5.2トン(650束)の薪をつくっているのです。で、ドンコロや半端もの、焚きつけなども含めれば5.5〜6トンを焚いているんじゃないか、って感じになる。私の場合の目安だ。

 

PREV
なぜ薪ストーブ? 2006-2-17
NEXT
ドアガラス 2006-2-21