シーズン1 薪ストーブ

二次燃焼の灯り



アンコールの二次燃焼室は本体の奥にあって容易にはアクセスできない。だからコンバスターの状態ってのは作動しているのかいないのか、灰が詰まっているのかいないのか、焚いていてまったくわからない。気にしなきゃそれでどうということはないが、焚き方に悩んでいる時など気にし出すとなんとももどかしい。
そこで以前より気づいてはいたのだが、二次燃焼室の灯りがスロートフードの隙間から見えることがある。たまたまやっと撮れた。(画像をクリックすれば大きなサイズになる)
あの小さな隙間の向こうでコンバスターがあかかと燃えてるんだ、きっと。と、気分は良いのだが、だからといって2~3割暖かさがアップしているのかどうかは初めてなのでわかりかねる。
それに常に灯りが見えているわけではない。ちょっと空気レバーを操作するとやがて灯りは見えなくなるし、調子よく燃えていて300度も越えてガンガンに暖かいのに灯りは見えないことも多い。それともあかあかと灯りがもれてこないだけでコンバスターは作動しているのか??
??このあたりの関係がよくわからん。

PREV
夜の感じ 2006-2-21
NEXT
ガンガンに焚こう 2006-2-24