シーズン1 薪づくり・薪のこと

アカマツだって燃やすぞ


薪にするなら広葉樹がいいに決まってる。だがよく乾燥させれば針葉樹だってかまわないだろうと思っている。
私の場合は単なる薪貧乏という気もするが、近所から「松が倒れてるんだけどいらない?」と言われれば断ることなく頂いておく。たとえ薪小屋がいっぱいで来年の分が確保できているとしても私は頂いてしまうだろうな。やっぱり薪貧乏だ(笑)
確かにタールの心配や、火持ちの悪さはあるだろう。でも第一まだ焚いてみたことがないじゃないか。焚いてみなきゃわからない。焚きつけに便利かもしれないし、ヤニが多くてやっぱり焚く気になれないかもしれない。まあとにかくあるものは焚いてみよう。


追記だ。
数年たって、アカマツもずいぶん焚いた。
我が家の場合は空間が広いし好みの問題もあって結構ガンガン焚きたい事情がある。だからアカマツなどの針葉樹は部屋を暖めるためじゃなく、焚きつけとして着火やストーブの温度を上げるために使ってたいへん重宝している。
煤やタールの心配はそれほど影響はないようだ。煙突掃除をしてやや煤が多いかなと感じるが、未乾燥のナラを燃やす方がよっぽど煤もタールも多いと思う。
ただヤニとか多いので割ったり運んだりの扱い自体は好きでない。屋外で適当に管理してるとひどい状態になってしまい使う気にならなくなる。

PREV
玉切り台 2006-5-10
NEXT
井桁に積んでみた 2006-5-14