18kgの薪2

アンコール(触媒機)は本来、薪を炉内一杯に入れる焚き方ができる。
トップローディングで上からたくさん薪が入る、最大燃料容量は18kg、一度の給薪で下から徐々に燃えて長時間燃焼が可能。
さんざん自慢している通りだ。
だが一方で、私が持っている全P47の取扱説明書には
「薪を一杯に詰めるな、薪がアンダイアンより上になるな、コンバスターを壊すぞ」と、まるで正反対のことがP20に書いてある。
私は最初この注意書きをそのままその通りに受け取った。アンコールに薪をたくさん入れてはいけないのだと。しかしアンダイアンを越えない量とは最大燃料容量の半分にしかならない。さんざん自慢することと違う。給薪のたび、この矛盾が不思議でならなかった。
すると「18kgの薪」の記事のコメントで良いヒントをもらった。
「薪を一杯に詰めるな、,、」は仕様上の基本情報ではなく、そうした事例に対するワンポイント注意で日本独自に書き添えられたものではないか。
確かに薪を一杯に詰めたとして、取扱説明書の手順通りにグリドル中央の温度計で燃焼回復を待っていたら、温度計が動く頃にはほとんどの薪に火が回わってしまう。さらにダンパーを閉めてからも、取扱説明書の手順通りに空気調整レバーを「開」でいれば、ゴウゴウと満タンの薪が燃えてそりゃ過燃焼にもなるだろう。
大切なことは「大量の薪が一度に燃えると高温になってコンバスターを壊しますよ」、そういうことだ。薪をたくさん入れての長時間燃焼はそんな高出力で焚くものじゃない。下の薪から徐々に中~低出力での燃費運転が前提なのだ。
せっかくワンポイントで注意書きがあっても、説明足らずでそのままでは矛盾するものだから少しも理解につながらないじゃないか。

コメント

  1. はじめまして
    > あくまで私の書くことだから、正しく知りたいと思えば専門家に尋ねるのが一番良い。
    その専門家は今一つ信用出来ないなぁ、という時がたまにありますねぇ。売りたいからそう言ってるんじゃないか、なていうのがあります。そういう意味でこのブログの記事は自分でも薄々そうじゃないのかなぁという事が文字になっているので参考になります。

  2. nnishi@小樽 より:

    そう言えば水平燃焼の売り文句に、
    「積んだ薪が下から順次燃えては、次の薪に着火する」というのを
    読んだことがある気がしませんか?
    こういうリレー方式の着火なら、なるほど、高く積むほどに
    燃焼時間が延びるはずなんです。
    そのためにはもちろんバイパスダンパーは閉めて、
    空気は前から後ろに向かって地を這うように流れ、
    1次炉室は各所で火が上がるような高温にはならず、
    二次燃焼室ではコンバスターが充分加熱されたまま
    維持、、という難しい条件が必要になります。
    うまくいくかなあ?