Condarのコンバスター

シーズン8を終えた2013年5月のある日、コンバスターを点検してみた。使用期間は1シーズン。2012年10月から2013年5月まで焚いたものだ。
どうだろう?自分的にはとても満足のいく状態なんだ。外枠に部分的な歪みがあるだけで全体的に変形や膨張は見られない。とくにハニカム部分は一カ所も欠けたり割れたり歪んだりもしていない。キレイな格子状のままだ。
かつて1年や2年ですぐバキバキに壊していた頃と比べれば一目瞭然。これは1年焚いたなりの「消耗」であって、「壊れて」はいないよね。


たぶんこれも人によってケースバイケースだから、「うちのコンバスターは3~4年たってもこのくらいを保ってるよ」という人もあるだろう。
そう、つまり私もそれに近づいていけてるってこと。ようやく普通の平均的なアンコールユーザーになりつつある、笑。
このコンバスターは昨年のリコールで、ファイヤーサイドが無償交換で送ってきた「Condar社」製。Condarのコンバスターは8年目ではじめて手にした。以前書いた通りだ。(「コンバスターのリコール2」
コンバスターの品質の差が決定的な要因か?
それは間違いなくある気がする。加えて私の焚き方がここ2年ほど変化している。ガンガンに焚くことはあっても、ガンガンに焚きすぎることはしなくなった。大割信奉でなくなって、代わりに中割を多用して空気多めによく燃やし、少ない薪から最大の発熱量を取り出そうとする意識になってる。それで寒いことはなく、変わらず家全体暖かく暮らしてる。薪の消費量は増えていない、むしろ抑えられる傾向にある。そのことはいずれまとめてみよう。

コメント

  1. 薪焚亭 より:

    ファイヤーサイドで公認しているのは、
    CondarとSUD-CHEMIEのようですが、
    FSの試験結果ではCondarの方が良かったと聞きました。
    自分はそれ以外のメーカーを使ったことがあるんですが、
    やはりダメでしたね。
    今想うと、金枠のステンレスの材質が劣っていたのでしょう。
    いくらなんでも毎年壊れるってのは異常です。
    もっとも、自分の焚き方も悪かったんでしょうが(笑)
    あまりに壊れるし、触媒が壊れるとセラミックボックスも壊れるし、
    自分は金属触媒の発売と同時に金属に換えてしてしまいました。
    それ以降は二次燃焼室が壊れないので助かってますが、
    もしかしたら上記の通りで、粗悪品を使ってたのかもしれないので、
    今度、セラミックに戻してみようかと考えてます。
    10年間でもう2回もセラミックボックス交換してますが、
    あの作業は大変ですよね。

  2. encored より:

    こんにちは。
    Condarのサイトではアンコール用がCC257という品番で載ってます。
    今回私の使ったコンバスターはファイヤーサイド直送だし、あの品質のものだと勝手に想像するんですよね。少なくともこれが正規品の品質。明らかにしっかりしてて耐久性は上だと感じます。ぜひ検証してみてください。
    Condarとズードケミーとあるけどどっちにする?
    なんて販売店で選んで買う人はいるんでしょうかね。
    「こっちは改良前だし、こっちはよくわからん何年か前の在庫。安くしとくよ。」なんて会話があればまだしも、CondarのCC257の品質に相当する正規品の入手はカンタン?
    事情を知らないので興味のあるところです。

  3. 薪焚亭 より:

    ファイヤーサイドのも CC257 のはずです。
    テスト燃焼に使ったのは自分が卸提供した触媒です。
    その後、Condarから大量に入れてるはずで、
    箱だけはファイヤーサイドの指示なのか小さくなってます。
    まぁウチなんかより取引量がぜんぜん違うので、
    融通が利くのでしょう。
    CC257(セラミック)と CS257(金属)はありがた屋の主力触媒です(笑)
    今ちょうど3回目の二次燃焼室の交換が終わったところです。
    これまでと違って今回はすべてのパーツをバラして整備したので、
    ほとんど新品状態に戻ってると思います。
    去年交換した金属触媒がまだそっくりしているので迷うところですが、
    今度のシーズン、遅くともその次のシーズンにはセラミックに戻してみます。

  4. encored より:

    >CC257(セラミック)と CS257(金属)はありがた屋の主力触媒です
    うっかりしてました。今サイトを見てきました。
    大変失礼しました。教えて頂いて感謝します。
    私もバキバキに壊さない焚き方になれば金属のCS257もアリでしょうかね?
    とにかく今はCC257であと数年確かめていきたいと思います。
    CondarのCC257、という目安ができるだけでも私の中では前進です。
    薪焚亭さんの検証も楽しみにしています。

  5. 薪焚亭 より:

    自分もバキバキに壊していた口なのでアレですが(笑)
    少なくともいえるのは金属はセラミックボックスを壊しにくいってことです。
    すべてが金属なので歪み方が均一なんでしょう。
    結果として部分的に暴れにくい。
    ただ問題は、ファイヤーサイドが止めた理由です。
    セルが細かいので灰が溜まりやすい欠点があります。
    それさえなければアンコールには金属がベストです。
    ダッチウエストでは今のところ金属を継続してますね。
    触媒の過燃焼は焚き方だけでなくて、樹種によるものも大きいのかも知れません。
    燃焼ガスの発生量とか、楢は多いのかもしれません。
    感覚的なことだけで検証できないですけど。

  6. encored より:

    金属のコンバスターに灰が溜まるのはスロートフードだけ外して、
    柔らかいブラシつきのノズルで掃除機かけることで対応できるかもしれませんね。
    セラミックはただでさえ華奢だから躊躇しますけど。
    ナラの単一樹種って曲者かもしれません。
    私はナラばかり選んでガンガン詰め込むのはやらなくなりました。
    薪づくりも10トン割るとしたら、ナラは5〜6トンでいいと思うようになってます。