シーズン12 薪づくり・薪のこと

雨ざらしの薪の作り方

img_2059
以前、雨ざらしの薪についてたくさん書いたことがある。あれは2007年頃だ。10年にもなるから驚きだ。「薪は土用まで雨ざらし」というゴロのいいフレーズがあるけれども昔の知恵か、はたまた単なる口コミか。てなことを動機にこのフレーズを推理して、水中乾燥の原理を知ったり、ナラの導管がパックリ開くのを見たり、乾燥実験で水分量が減る様子も観察した。土地によって乾き方が違う平衡含水率のことも知った。あの調べものはとても楽しい経験だった。(「雨ざらしの薪シリーズ」
あれをもっと進めたり、まとめてみようかなどと考えてみるけどそれはまだ先の話。

結局、12年目の現在私は雨ざらしを取り入れていない。結果的に雨ざらしになることはよくある。雨に降られて作業が延びるとか、仕事で一ヶ月放置してしまったとかね。でも薪を割って「ここからここまでの数ヶ月は雨ざらしにしよう」とする雨ざらしの工程は設けないんだ。
もちろん雨ざらしで素晴らしく燃える良い薪になることは経験済みだ。ただそれと同じくらい、ジューと水分が滞留したままだったり、腹立たしいくらい燃えなかったり、そんな薪になることもザラ。仕上がりにムラがあり過ぎるばかりかまったく読めなかったりするんだな、私の場合。

これは雨ざらしのやり方にあると思うんだ。雨ざらしで薪づくりしている人たちを見ると、その積み方は自分とは違う。私の薪の積み方は高さ180cm×幅180cm×奥行き90cmのスペースにギッシリ2トン積み上げる省スペース型だ。これが雨に打たれたらいかにも薪棚内部に水は滞留したままだ。雨ざらしはただ単に薪小屋の屋根を取っ払えばいいというものじゃないんだな。雨に濡れると同時にその雨がすぐ抜ける場所で風通しのよい積み方にする必要がありそう。だからギッシリ積まないし、100~120cmほどの高さに止める。そして井桁を多用する。全部井桁で積んでもいい。1m四方の鉄網のボックスにランダムに放り込むなんてのはある意味理想的な雨ざらしに思える。
そうなると必要なのがスペースだ。単純に考えても井桁やボックスとかにすれば今の薪棚スペースの3倍4倍、いやもっといる。。。。。私には簡単なことではない。

雨ざらしで良い薪を作る人の様子を見に行けば絶対理に叶ってるはずなんだ。積み方にしろなんにしろ、知ってか知らずか、いや常識なのか、それでうまくいくからやってるしそうでなきゃやってない。当たり前だよね。
中にはテキトーに放置してる(かの如くの)雨ざらしも確かにある。わりと「ゆるい」感覚で薪づくりをしている人の方が適してるって話もある。でもうまくいってるのといってないのと結構ありそうだよね。人それぞれ求める薪も違うし、私がその薪を焚いたらノーサンキューかもしれないし。

というわけで、12年目になっても大真面目に雨ざらしの薪を考えてる。年間に作る薪の3分の1でもいいからさ。「作業工程としての雨ざらしの薪のつくり方」をやってみたい。でもそれはまだ先の話。薪を焚いて暮らすうちは永遠のテーマだね。