シーズン14 薪ストーブ

薪を焚いて14年

まだまだ14年。たったの14年。中学生じゃないか。
何かわかった気になって、自分にもできるようになったと思える充実感は悪いことじゃない。でもまだ14年しか経ってないんだな。

人それぞれの価値観がある。その人の志向一つとっても、仕事が唯一喜びの人、高収入こそがすべての人、権力や名誉が何より好きな人、休日ごとの趣味に生きる人、社会や地域に尽くすことが生きがいの人、20代のある時期の経歴つまり学歴こそが後生大事な人、60歳になっても80歳になっても進行形で勉強する人、ものごとを変えたい人、変えたくない人、、いやキリがない。書かなくてもわかるよね。

薪ストーブを焚く人の価値観も千差万別なんだろうか。会ったことないからわからないがコストとかお金とか、見栄えとか、ステータスとか、、メリットデメリット天秤にかけて薪焚いてる人もいるんだろうか。そんな我々薪ストーブユーザーのことは貧乏くさいとか、変わり者だとか、迷惑だとか、あるいは憧れだとか羨ましいとか贅沢だとか、世間一般にはさまざまに映るのだろう。

どれも関係ないというか、どれでもいいんだよね。薪を焚く暮らしがしたいからそうしてるんだし、そうでなければそうでなくていい。それぞれを区別して無関心になるのでなく、それをそれと認めつつ自らの価値観をもって自分を生きて、生かしていく。

春がきて夏がすぎ秋になって冬になる、そんな自然の営みは自らの価値も意味も叫んだりしないし、太陽も風も海も森も素晴らしい恵みかと思えば圧倒的な暴力的災厄をもたらす。そんなことは所詮人間側の価値観で勝手にそう思うだけ。

14年も薪を焚いているのだし、あとから来る薪ストーブを焚きたい人のために少しは役に立つことを書こうなんて考えたのは以前のこと。まだまだ14年目の中学生なので、もっと自分が楽しんでもっとできるようになってもっと知りたい。そのほうが絶対よさげだ。
なんだろう、慣れた気になってないでこれからも自らの目指すところを楽しんでいこう。そう書こうとしたのかな。
まあ年初なのでオチがついてないのもよしとしよう。正月気分でそんなことを考えていた。

スポンサーサイト